激安☆眼鏡

韓国ネタばかりで大変恐縮ですが、韓国といえば「眼鏡が安い」ことで有名です。

韓国には母と行ってきたのですが、私達親子はとにかく目が悪いのです。
お互いあの表の一番上の「C」でさえも見えないのです。

そんなわけで眼鏡がないと生活もままならないのですが、さすがにそこまで目が悪いと安易な気持ちでは眼鏡は作れません。
なぜなら、普通のレンズだと牛乳瓶の瓶底眼鏡になること間違いナシなので、いくら「安い!」とうたっている店で作ろうとしても「薄型レンズ」にする必要があり、それ故、金額が高くなってしまうという落とし穴があるからです。

しかし、韓国は激安眼鏡天国です。

眼鏡を作ると決めた日は、お互い眼鏡姿で南大門周辺をうろつき、勧誘されるがまま(眼鏡をしている人間にはハンパでなく声がかかります)、とあるお店にIN。

そこでこんな眼鏡作ってきました。

齊藤

気になる価格は・・・


母の鬼のディスカウント攻撃により、なんと6,000円!!
一番薄型レンズを使用してですよ、ちょっと!
私達はニヤニヤとニヤつきまくりました。

ちょうど大きめの黒縁眼鏡を欲しかったから、超らっきー☆
まあデザインは若干気になるけど、安いんだし、いっか。

ところが、この韓国での出来事を覆す出来事が私を襲ったのです。

次号の眼鏡企画でその詳細は明らかにしますが、今はただ一言「日本で作ればよかった」。

韓国って眼鏡が安い<<<日本ってば眼鏡が安くてしかもオシャレ

ぜひ次号の眼鏡スクープをご覧になってください☆

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読