いよいよ三菱電機からも4Kテレビが登場!もちろん赤色レーザーバックライト!!【三菱電機・REAL 4K】

ライター/岡安学

P8250133

先日、都内某所にて三菱電機の液晶テレビREALの発表会がありました。
発表されたのは4Kテレビです。

これまでに国内主要テレビメーカーはすでに4Kテレビを発売しているので
三菱電機が発売することで揃い踏みとなりました。

最後発となるだけあり、三菱電機オリジナルの技術をふんだんに取り入れた
ハイエンドモデルとなっています。

バックライトには色濁りの少ない純度の高い色を再現できる
赤色レーザー光源とシアンLEDを採用。
REALと言えばレーザーバックライトと連想できるだけに
まさに看板と言える機能です。

スピーカーはDIATONE NCVを採用。
テレビとしては大出力50Wのアンプを搭載し
大容量バスレフボックスによる低音域までフォロー。
BluetoothでスマホやDMPの音源を十分に楽しめてしまいます。

REALの代名詞的な機能として
BDレコーダー機能を搭載した3in1は残念ながら今回は未搭載。
それでも3チューナーで2番組同時録画+裏番組視聴が
内蔵HDDに撮れるのでひと安心です。

来年3月からは
スカパー!で4K放送が始まるようですし
いよいよ4Kを視野に入れざるを得なくなってきましたなぁ。

P8250152

REAL 4Kは65V型のLCD-65LS1と58V型のLCD-58LS1の2モデルで展開。発売日は10月30日を予定。65V型が約70万円、58V型が約50万円になる見込みだ。

 

左右に円柱形の大型スピーカーを2基搭載。スピーカーがそのままスタンドになっており、これまでのテレビっぽくなくて、カッコイイ。スタイリッシュな狭額縁もREALのお家芸。

左右に円柱形の大型スピーカーを2基搭載。スピーカーがそのままスタンドになっており、これまでのテレビっぽくなくて、カッコイイ。スタイリッシュな狭額縁もREALのお家芸。

 

DIATONE NCVスピーカーは、ツイーターを左右2個ずつ、ウーハーを左右1個ずつ、デュアルパッシブラジエーターを左右2個ずつ搭載。サウンドバーを追加したかのような高音質で再現される。Bluetoothスピーカーとして、スマホとつなげて音楽も楽しめる。

DIATONE NCVスピーカーは、ツイーターを左右2個ずつ、ウーハーを左右1個ずつ、デュアルパッシブラジエーターを左右2個ずつ搭載。サウンドバーを追加したかのような高音質で再現される。Bluetoothスピーカーとして、スマホとつなげて音楽も楽しめる。

 

REAL 4Kスペシャルサイト

三菱電機ホームページ

 

 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読