3Dアクオスは今夏発売!?シャープが4原色3D液晶ディスプレイを開発!

20100412_011

シャープは業界最高の明るさで、クロストークが極めて少ない
4原色技術を搭載した3D液晶ディスプレイを開発したと発表。

4原色技術はR(赤)G(緑)B(青)の3色に加え、Y(黄)を加えて
表示させる多原色技術で、透過率の向上と色再現性の範囲を広げることで
いままでにはない明るく色鮮やかな表示ができる。
暗くなりがちな3D表示時の輝度は従来比約1.8倍を誇る。


今回は技術発表のみとなったが
3D対応アクオスは夏に向けて発売を予定。

20100412_003
左右の画像の残像感により
3D映像で発生しやすい
クロストーク(2重像)を軽減した
3Dディスプレイ。

20100412_024
4原色により
明るく色鮮やかに表示。

20100412_015
一緒に展示されていた
裸眼で立体視ができる
タッチパネル対応ディスプレイ。

20100412_017
ケータイ用の3Dディプレイ。
6月に発表が噂される
例の3D対応携帯ゲーム機に搭載されるのは
このディスプレイだろうか。

(ライター岡安学)

シャープホームページ

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 9月号

8月9日(木)
890円(税込)