• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月9日(水)
980円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

Apple Watchは何ができるのか? 改めて大検証!【上級編】

3) iPhoneなしにワークアウトできる!
_D4A6202
iPhoneなしでも使えるのは、音楽再生だけではない。「ワークアウト」でも、Apple Watch単独で利用することが可能だ。

「ワークアウト」は、ランニングやサイクリングなどの運動を計測し、走行距離や時間、ペース、消費カロリーなどの成果を記録・管理する純正アプリ。iPhoneと連携して高精度なデータを計測しているが、実は数回記録して自身の歩幅や動き方などをApple Watchに学習・キャリブレーションさせれば、iPhoneなしでも正確な計測ができるようになる。つまり、毎日のランニングやサイクリングなどに、iPhoneを持っていく必要がなくなるのだ。

iPhoneと連携していないとGPSによるマッピングはできないものの、iPhoneを持たずに運動できるというのは大きな利点だ。

<操作方法>
・Apple Watch/デジタルクラウンをプッシュ>「ワークアウト」アプリを起動

 4) パスコード解除はiPhoneでもできる!

手元でさまざまな情報にアクセスできるのがApple Watchの魅力だが、反面、他人に盗まれればプライバシーの重大な問題になりかねない。そうしたセキュリティ面から、Apple Watchには腕から外すと自動でロックをかけられる機能があり、活用している人も多いと思う。

ただ、ロック解除にはパスコードの入力が必要で、やや面倒なのも確か。およそ5mm角の数字ボタンを間違いなくタッチするのには、ちょっとした集中力がいる。だが、セキュリティ性を高めるには仕方のないこと……と、あきらめることはない。

ロックがかかったApple Watchを装着した後、iPhoneのロックを解除させると、Apple Watchのロックも自動で解除してくれるのだ。「iPhoneの持ち主とわかったのなら、Apple Watchもそうなのだろう」と判断してくれるというわけ。iPhoneならパスコード入力画面も大きいし、指紋認証なら指先ひとつでOK。ストレスとおさらばできる。

<操作方法>
・Apple Watch/デジタルクラウンをプッシュ>「設定」アプリを起動>パスコード>iPhoneでロックを解除をオンに

さて、【初級編】【中級編】【上級編】と、Apple Watchを使いこなす合計15のヒントを紹介してきたが、どこまでご存じだっただろうか? ここに紹介しなかった基本的機能については、アプリ内に用意された解説映像がわかりやすい。

・iPhone/「Apple Watch」アプリ>コンテンツ

Apple Watchをさらに身近にして、ライフスタイルを充実させよう!

■関連記事
Apple Watchは何ができるのか? 改めて大検証!【初級編】
_D4A6315
Apple Watchは何ができるのか? 改めて大検証!【中級編
_D4A6262
アウトドアで大活躍! JBL初のスプラッシュプルーフ対応Bluetoothスピーカーを4製品発売!

CHARGE2_PLUS_BLUE_HERO
すでに売り切れ続出! Bose新作スピーカーSoundLink Miniとイヤホンに注目
★SoundLink_Mini_Bluetooth_Speaker_II_013_CMYK

12

この記事をシェアする

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,エーグル,aigle,トートバッグ,豪華付録,

はっ水、充実のポケット……特別付録は、‟10大機能を備えた″…