MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

ブライトリングのあの名時計が、日本限定で復活!

編集部/奥家

「大人が狙うべきG-SHOCK」12年ぶりの新マッドマンほか DIYやランニング……“大人の趣味時間に超使える”G-SHOCK3選をスタイリストが徹底解説


B

2011年に惜しまれつつ生産を終了した、名門時計ブランド・ブライトリングが誇るハイスペックモデル「クロノ・スーパーオーシャン」。

クロノメーター認定を受けた高精度と500m防水で圧倒的な人気を博し、機械式クロノグラフの一時代を築いたといっても過言ではない名作です。

世界中はもちろん、日本にも本当に数多くのファンがいました。

だけども冒頭でもお伝えしたとおり、残念ながら生産は終了……

 

が、しかし、日本からの熱いリクエストに応えて、スイス・ブライトリング社は異例の決断を発表! それはなんと……

今回ブライトリング社は、日本のためだけにクロノ・スーパーオーシャンを製造することを決定したのです。

驚くことに、これまでのレギュラーモデルにはなかった「ブラック・ダイヤルにスレート・グレーのインダイヤル」を組み合わせた独自のカラーでのリリース。それが、こちらです!
zu1

 

見てください、このかっこ良さ。日本のファンのみなさんは、このスペシャル・エディションを涙なしには見られないかもしれませんね。私も一ファンとして、嬉しすぎます。

なお、2月中の日本上陸が予定されており、価格は430,500円(税込)、ラバーストラップ仕様の場合は392,750円(税込)を予定。 

いやー、これは本当に本当に楽しみです!

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「争奪戦必至」カシオ50周年モデル、世界最大の時計展帰りのプロが語る“最新トレンド” ほか【時計の人気記事ランキング】(2024年6月版)

「リゾートのムードをまとったクロノグラフ」コーニッシュの新作はパロマビーチをモチーフにした文字盤が美しいラグジュアリーな一本

「5万円以下の人気ブランド時計」デイリーに使えて存在感も◎“絶対満足の最新4モデル”を徹底解説【2024年最新腕時計スクープ】

「平成の名作時計が祝30周年」独創的なデザインで1994年に鮮烈デビュー!一世を風靡したアイクポッドの傑作が記念モデルになって登場

「オメガの“アポロ”最新作ほか」時計愛が深まる、いま最も注目すべき技術・素材・パーツをまとった名ウオッチ6選【2024年最新腕時計スクープ】

「トレンド感たっぷりの旬作時計」1972年発売のクロノグラフを復刻、ネオ・ヴィンテージな“エドックス”創業140周年モデル

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!