MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ものづくりの真髄に迫る展覧会が、本日いよいよ始まりました!


編集部/石堂

この週末から9連休()なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

外で思いっきり遊ぶのもいいですが、ちょっと疲れたなあと思ったら、

心静かに展覧会へ足を運ぶのもいいですね。

 

外見や流行だけではなく、

素材や機能といった品質、さらにはモノ作りの背景を見つめ、

本当に自分にとって大切なモノを選び取る。

 

そんなMonoMax読者におすすめしたい展覧会とは。

 

六本木の東京ミッドタウンに隣接する21_21 DESIGN SIGHTにて
本日
27日から始まりました、
『テマヒマ展〈東北の食と住〉』です!

temahima_01poster_kei

 

「テマ(手間)」「ヒマ()」とは、あることのために費やす時間や労力のこと。

 

東北6県のテマヒマかけた「食」と「住」にまつわる55種の品々が、
実物と製作プロセスを追った映像や写真とともに紹介されます。

 

たとえば青森県だけで作られている、りんご出荷用の木箱があるなんてご存知ですか?

素材である松がりんごの赤みを増してくれるそうで、香りもいい。

ダンボールでは引き出せない魅力を生む木箱も、職人仕事の賜物なのです。

 

伝統工芸品はもちろん、こんな普段は知れないものづくりの中に、

人々の暮らしが見えてきそう。

 

Made in Japan」を見直そう!という向きはすばらしいこと。

そしてそのモノを愛でるだけでなく、それをどのように繋いでゆくか、継いでゆくかを考えられる企画だそうです。

 

わたしも早速行こうと思います!

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

初ブログに何をお伝えしようかと迷いましたが

まず「モノ」についてじっくり考えてみよう!ということで、

新人編集部員・石堂がお送りしました!

 

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「ガチで激うまカップ麺」ライターが4月上旬に食べてよかったベスト3杯【1位は日本人が好きな味“全部乗せ”に圧倒される絶品】

“間違いない”ビジネスマン三種の神器、悩みに応える仕事カバンの最適解 ほか【ビジネスグッズの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【秘蔵のスコッチ・ウイスキーを精選】26年以上の熟成年数を誇る「シークレットスペイサイド」コレクションがリニューアル

【MonoMaxゴルフ部】悩みにあった「究極のウェッジ」に出会う!ゴルフ中級者がタイトリストのフィッティングイベントを体験

【無印良品ランキング】編集部が選んだ“コスパ最強” 旅行の整理・収納グッズおすすめベスト5

識者も納得の“新・一生モノギア”、ワークマンの神すぎるフリース ほか【アウトドアの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!