4年連続で世界一のウイスキーに選ばれた 「竹鶴ピュアモルト」から、最高峰エイジング 「竹鶴25年ピュアモルト」が発売されます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部/石堂

ニッカウヰスキー「竹鶴ピュアモルト」のテイスティング会に行ってきました。

今年、国際的なウイスキーコンテストで世界一!となった「竹鶴17年ピュアモルト」や、

熟成年数25年以上、その言葉一つで喉が鳴るような

今回の目玉、新発売「竹鶴25年ピュアモルト」など

贅沢に並ぶ竹鶴ブランドを前に、少し緊張…!

1

左から「竹鶴ピュアモルト」の12年、ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2012年世界最高賞を受賞した17年、21年、そしてこの度新発売となる25年。

それぞれの味わいをより的確にレポートするぞー!と意気込むわたくし。

普段は専らハイボールか水割り派の、ウイスキー初心者が挑みます。

「竹鶴ピュアモルト」は2つの蒸留所で蒸留され、
長期熟成させたモルトウイスキーをヴァッティング(混和)することで生まれます。

これらを掛け合わせて深い味わいとなるよう「調和」を導くことがとっても重要!

この重大使命を司る、新チーフブレンダーの佐久間さんに解説していただきながら

いざテイスティングタイムです!

2
                   ブレンダー室室長 兼チーフブレンダーの佐久間さん

 

まずは香り、そして試飲。

12年からはじまり、順々に熟成階段を上っていきます。

しかし、ここで炸裂するはずのわたしの豊かな表現力はいずこ…

佐久間さんのお話しに聞く香りや味わいを思い浮かべ、
これがシェリー香(熟成に使うシェリー樽の香り)かな、
これがピート香(燻煙香、スモーキーさ)かな、と想像しながらいただきました。

これまでストレートをきちんと味わえたことがありませんでしたが

甘い口当たりに始まり、喉を通った奥の方でモルト(大麦麦芽)が広がることを、
この度初めて掴めた模様。

21年のフィニッシュでは、まるで森の中かと思われるほどに広がるウッディ感を感じ、

これがウイスキーを味わうということか!と思いました。

これは楽しくなってまいりましたね。

そしていよいよお待ちかね、最高峰エイジングの贅沢なウイスキー、

「竹鶴25年ピュアモルト」の登場です!

3

一言だけ申し上げましょう。

「艶」って、味覚で感じられるんだ…!と思いました。

12年はソーダや水で割るのがお好きと仰っていた佐久間さんですが、

それ以上のエイジングは、やはりストレートがベストとのこと。

もちろん好きな飲み方で良いのですが、冷やしすぎると香りが沈降してしまうそうです。

でも、ストレートで楽しむのはまだ早いなあ…と思っていま
したら、

良いことを教えていただきました。

ウイスキーのストレートに、水だけを少しづつ加えて、

アルコール度数を30度ほどまで下げます。(元の竹鶴ピュアモルトは40~43度)

すると刺激が弱まり、感知できなかった香りも広がってくるような気がしました!

プロの方々が原酒をテイスティングする方法だそうですよ。

特に25年モノを個人で購入するハードルは高めですが、バーで、ダイニングで、

それぞれのエイジングの個性を味わってみてください!

taketsuru

『ニッカ 竹鶴』

力強さと華やかさという、ニッカが誇る複数の蒸留所の個性が出逢い

長期の熟成を重ねた上質なモルトウィスキーだけをヴァッティングした、
ピュアモルトウィスキー

5月29、数量限定で新発売

「ニッカ竹鶴25年ピュアモルト」(瓶700ml)

「竹鶴17年ピュアモルト WWA2012受賞記念ラベル」(瓶700ml)

5月29日~8月までの期間限定発売

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

【売り切れも出てきた!】マーモットのショルダーバッグ、ぜひお…