MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

モノマックス6月号 通常号

最新号のご案内

モノマックス6月号 通常号

2022年5月9日(月)
特別価格:990円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

PR伊藤忠ファッションシステム

海レジャーの相棒ウエアにおすすめNo.1! サーフブランド「ボディグローブ(BODY GLOVE)」が間違いない!

こうして少しずつ暖かな陽気になってくると、開放的な気分で過ごしたくなるもの。サーフブランドとして知られているボディグローブのアイテムがあれば、もっとアクティブで前向きな気持ちになれるはずです!

世界で初めて実用的なウェットスーツを開発した業界のパイオニア!

ボディグローブのウェットスーツを着て活躍するタチアナ・ウェストン-ウェブ

ボディグローブは1953年、ビル&ボブという双子のマイストレル兄弟がアメリカ・カリフォルニアで設立したブランド。ネオプレン素材を使った世界初の実用的なウェットスーツを開発したことで一躍有名になりました。

ちなみにボディグローブの名は、ウェットスーツの「グローブのようなフィット感」から付けられたもの。

ブランドの誕生から69年が経った現在は、LAを代表するサーフブランドとして広く知られるようになりました。多くのトップアスリートとも契約していて、世界ランキング第4位のタチアナ・ウェストン-ウェブもその一人。彼女は2022年3月に開催されたチャンピオンシップツアー第3戦のMEO Pro Portugalにおいて、日本製のウェットスーツを着用して見事に優勝しています。

そんなボディグローブでは、ブランドの原点であるウェットスーツやスイムウエアはもちろん、サーフテイストあふれるカジュアルウエアまで幅広いラインナップを展開。その世界観をたっぷり味わえます。

ボディグローブが誇る魅惑の最新コレクション!

世界中のライダーが愛用! 最高級ウェットスーツ「プライム ベイパー」

左)ボディグローブ「プライム ベイパー CZ」¥82,500
右)ボディグローブ「プライム ベイパー TZIP」¥93,500

ボディグローブを象徴するウェットスーツの人気モデルがこちら。人間工学に基づく解剖学的なパターンで構成されたプライムシリーズは、最も高性能なウェットスーツの一つで、海外のライダーからのフィードバックを生かして年々進化を遂げています。

「プライム ベイパー CZ」は柔らかな動きを追従するファスナーを胸部に配置し、伸縮性の高いスムーズな動きが可能なモデル。胸のレイアウトを極限まで上に位置付け、重なる部分を減少させることでストレスを軽減するとともに、脱着性も高めています。足元に水面のようなカラーを加えたデザインも魅力的です。

「プライム ベイパー TZIP」はコンペティターのためのハイパフォーマンスモデル。素材はエアーネッスルスパイダーを全身に採用し、保温性、伸縮性、疎水性を兼ね備えています。また、フロントのファスナーは斜めにレイアウトし、水の浸入を極限まで抑えています。

いずれもオーダーメイドで、波乗りがさらに楽しくなること請け合いです。

ボディグローブ「プライム ベイパー CZ」「プライム ベイパー TZIP」の問い合せ先

Buddy Es
03-5902-3060

 

水辺のアクティビティでの最有力コーデ!

左)ボディグローブ「BGリゾートサーフパンツ」¥3,190
右)ボディグローブ「BGラッシュパーカー」¥3,190

よりカジュアルなコーディネートで海辺でのアクティビティを楽しみたいなら、こんな装いが最適では?

陸でも海でも使えるスイムウエアの「BGリゾートサーフパンツ」は、ヤシ柄のグラフィックをシックに表現し、大人びたリゾートテイストを表現。ウエスト紐で調節でき、左脇には荷物の落下を防止できるファスナー付きポケットも備えていて実用性も高めています。インナーパンツも付属しています。

「BGラッシュパーカー」はUVケア+抗ウイルス機能で、強い日差しから肌を守ってくれる便利なトップス。シンプルなデザインなので、どんなボトムにも合わせやすいのが魅力です。ラッシュガードながら両脇にポケットを付属し、前身頃を開けられるファスナー付きなので着脱も容易です。

ボディグローブ「BGリゾートサーフパンツ」「BGラッシュパーカー」の問い合せ先

アイルズ
03-6912-1907

 

夏の浜辺で好印象を与えるカジュアルスイムパンツ!

左)ボディグローブ「カラーブロック柄サーフパンツ」¥3,190
右)ボディグローブ「フォトプリント柄サーフパンツ」¥3,190

もっと積極的にマリンスポーツを楽しみたい!という人には、個性的なグラフィックが描かれたスイムパンツがオススメ。

左の「カラーブロック柄サーフパンツ」はタイル状にグラフィックを敷き詰めたデザインで、レッドのアクセントカラーを利かせたカジュアルデザイン。右の「フォトプリント柄サーフパンツ」は、精巧なフォトプリントをコラージュしたうえでモノトーンにまとめた技ありのデザイン。いずれも一体型メッシュインナーが付属し、速乾性に優れるポリエステル素材を使った実用性の高いアイテムです。

ボディグローブ「カラーブロック柄サーフパンツ」「フォトプリント柄サーフパンツ」の問い合せ先

コッカ
06-6201-2573

 

グラフィックTで陸上でもサーフ愛を!

左)ボディグローブ「80's フォト TEE」¥6,600
右)ボディグローブ「ローカルオンリー T/C-T」¥6,050

大自然を相手にするサーフィンは、陸上にいてもつい想いを募らせてしまうもの。そんな気持ちと素直に向き合うのなら、普段からサーフテイストのウエアを身にまといたくなるものです。

そこでオススメしたいのが、ボディグローブが熟知するサーフなエッセンスを凝縮したこちらのバックプリントTシャツ。

左のTシャツの中央には、なんとも健康的で印象深い女性のフォトグラフィックをプリント。80年代のグラビアを彷彿とさせるビーチ・リゾートをイメージしたもので、注目を集めること間違いなし。

右のTシャツに描かれた"LOCALS ONLY"は、地元民のみがサーフィンを楽しめるスポットという意味。LAのビーチに立てられたサインボードからインスピレーションを受けたデザインです。

ボディグローブ「80's フォト TEE」「ローカルオンリー T/C-T」の問い合せ先

サードオフィス
03-3669-5204

 

いまどきな着こなしにも合わせやすいサーフ&スタンダードT!

左)ボディグローブ「C5133BR」¥1,650
右)ボディグローブ「C5131BR」¥1,650

サーフテイストを表現しつつ、よりシンプルでスタンダードなデザインでまとめたいというニーズにも応えています。

左のTシャツは、前面は胸元のワンポイントロゴでシンプルに表現しつつ、背中には大きめのバックプリントを施したデザイン。ゆったりとしてリラックス感のある生地&シルエットで、ビーチやプールサイドはもちろんアウトドアシーンにも活躍します。

トレンド感もあるナチュラルカラーの右のTシャツは、ロゴに加えヤシのシルエットもさりげなくプリントしたビーチ風デザイン。いつものコーデにサーフテイストをプラスさせるのもいいし、ハーフパンツと組み合わせてさわやかなビーチスタイルにまとめるのもよさそうです。

ボディグローブ「C5133BR」「C5131BR」の問い合せ先

カイタックファミリー
086-255-5100

 

縫い目のゴロツキ感を抑えた新ボクサーパンツ!

ボディグローブ「メンズボクサー」各¥649

普段は見えないところにまで気を配るのが、おしゃれというもの。ウェットスーツやスイムパンツなど、肌と直接触れるウエアの開発を得意とするブランドだけに、アンダーウエアだって優秀なんです。

このボクサーパンツは、ハンドサインロゴをワンポイントで配置した新デザイン。伸縮性と肌ざわりのよさを兼ね備えた綿のストレッチ素材を使用していて、前立て部分と股部分の縫製にフラットシーマミシンを使うことで縫い目のゴロツキ感を抑えています。サイズはスタンダードなレギュラー丈。ウエストゴムがヘソ下に収まるタイプです。

ボディグローブ「メンズボクサー」の問い合せ先

ロイネ
03-6830-7830
https://roynestore.jp/

 

刺繡をなくしアクティブに使える快適ソックス!

ボディグローブ「ショートソックス」¥638(3足1セット)

肌に直接触れるウエアとして、ソックスも展開されています。

こちらのソックスは、靴ズレ防止にもなる11cm丈を採用。摩擦などで肌を傷つけないよう刺繡使用を避け、ロゴや柄は編立で表現しているので、アウトドアでも活躍します。色のアクセントがつけやすいベーシックカラーで、普段履きにも最適です。

ボディグローブ「ショートソックス」の問い合せ先

ワカバ
0120-054-450

サーフテイストあふれるボディグローブのラインナップ。来る夏を先取りしちゃいましょう。

 

 

ボディグローブ
https://bodyglove.jp/

撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

ライター/横山博之

ライター/横山博之

カバン、時計、ファッションなど男性のライフスタイルを彩るモノを領域とするライター。デザイナーや職人などモノづくりに関わるキーパーソンへのインタビュー経験も豊富。時代の先端を行く技術やカルチャーにも目を向ける。

モノマックスの記事をシェアする

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

トラディショナル ウェザーウェア 大容量長財布

もう、悩まない! たっぷり入る収納力と取り出しやすさを追求し…