INFOBARがキター!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター/岡安学

RIMG0213

auユーザーでなくても
その存在は知っている人が多いと思われる
デザインケータイの元祖INFOBARの最新モデルが
発表されました。

今回のモデルは
例のブロック柄ではなく、単色となっているので
ちょっとイメージが違うかなと思いましたが
触ってみたら、やはりINFOBARでした。

 


ボディデザインもINFOBARらしさが見られるだけでなく
ホームアプリとのデザイン連動をしており、
しっかりとINFOBARらしさを醸し出していました。

縦スクロールで画面が切り替わり、
その時にアイコンが柔らかそうに歪む様は
見ているだけで癒されます。

RIMG0183-01
ホームアプリはINFOBAR専用で
本体と合わせたデザインとなっている。

RIMG0199 RIMG0189 RIMG0196
カラーは左からNISHIKIGOI、AOAO、ICE GRAY。
赤一色を錦鯉と言うのはちょっと無理あるかも(笑)。

で、デザインだけでは済まされないのが
スマートフォンの宿命。
機能や性能もしっかりと抑えています。

OSは最新のAndroid 4.1、CPUはクアッドコア。
16GBメモリー を搭載。
高速回線の4G LTEに対応し
もちろんテザリングもオッケーだ。
他にも、ワンセグやおサイフケータイ、NFC、
赤外線通信、 防水機能など全部入り。

昨年発売されたHTC J butterflyと
どちらを選べば良いんだと嘆きたくなりますね。

auホームページ
INFOBAR製品情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

ナノ・ユニバース ナノユニバース nano MonoMax モノマックス 付録 財布

ナノ・ユニバースの長財布は30枚のカードが収納でき、とても出…