君は誰とドライブする?マクロスF「きゃらコン」発進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シー・シー・ピーのラジオコントロール(RC)カーに、アニメとコラボした「きゃらコン」シリーズが誕生。

キャラクター+ラジオコントロールカー=「きゃらコン」 ということで、いわゆるひとつの“痛車RCカー”だ。

マクロスF ランカ・リー SUBARU IMPREZA WRX(左)

マクロスF シェリル・ノーム MITSUBISHI LANCER EVOLUTION VIII(右)

■各4500円■10月発売)■車体スケール:1/28(全長約16cm)■コントローラ:ホイールタイプ■使用電池:単3×4個(別売り)

元車両は実車をリアルに再現した「リアルドライブ ミニ」シリーズで、第一弾としてアニメ「マクロスF」から2人の歌姫を採用。

スバル インプレッサ WRXには“超時空シンデレラ”ランカ・リーの、三菱ランサー エボリューションVIIIには“銀河の妖精”シェリル・ノームのデカールが付属し、ユーザーが好きな位置に貼って演出する。フロントや両サイドなど目立つ位置はもちろん、ウイングやホイール周りで痛さ、いや愛情を表現したいところだ。

水転写式なので仕上がりには期待が持てるし、車体カラーは白のためデカールの色味を損なわない。細かい配慮に感動だ。

元が「リアルドライブ ミニ」だけにRCカーとしても小さいながらクイックな走行性を持ち、ランカ車とシェリル車の同時走行も可能。インドアで歌姫のレース共演も楽しめるのだ。

実車で痛みを伴うのは予算も度胸も破格に必要だが、RCカーなら気軽。そんなヌルい気持ちではダメ? じゃ、実車を痛車化する際の見栄えチェックに使う方向でひとつ。マイ痛車が走ってるところって持主は見られないしね。

(C)2007 ビックウエスト/マクロスF制作委員会・MBS

(望月哲史)

シー・シー・ピー

マクロスF 公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月8日(土)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

シップス モノマックス リュックサック 付録

いろいろ使えるリュックサックが980円で付いてくるんです! …