MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

モノマックス12月号

モノマックス12月号

2022年11月9日(水)
特別価格:1090円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

❝昭和レトロ❞が逆に新鮮!今年復活したキングセイコー解説【時計を知る】

キングセイコー SDKS001

いま知るべき時計を1本選び、価値ある魅力を解説するこの企画。今回はセイコーの「キングセイコー SDKS001」をご紹介します。

21世紀の高品質をもって復活した昭和の名作

最近「昭和レトロ」が話題だ。懐かしさが新鮮……そんな昭和の魅力を再発見する気運が高まる中で注目されるのが1960年前後から70年頃の高度経済成長期。当時は日本の時計産業も本場スイスと肩を並べるまでになり、牽引役のセイコーから1960年に「グランドセイコー」、1961年に「キングセイコー」が相次いで発表された。名称にあるように高級感を誇るトップクラスの腕時計だ。

その「キングセイコー」が60余年を経て2022年に復活。開発のベースになったのは、1965年に登場した“KSK”と呼ばれる2代目モデル。1961年の初代モデルにはなかった防水性能や秒針規制機能を装備して実用性を高めたKSKはまた、簡潔で視認性の高いダイアル、エッジを際立たせたシャープなケース形状、ボックス型ガラスなど、「キングセイコー」特有のスタイルを確立したことでも有名なモデルだ。

注目は現代的にアップデートされたレトロデザイン

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…