【レポート】編集部に新しいカメラがやってきましたー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(編集部/浅野)

このたび編集部に新たに仲間入りしたのは、
パナソニックのコンパクトデジタルカメラ「DMC-LX7」
すでに、展示会や発表会、取材の際に大活躍しています!

カメラ 001

このカメラは昨年発売されたものですが、
とっても使いやすく、なおかつさまざまなエフェクトの写真が撮れるのです!
今回は、僭越ながらカメラ初心者のわたし目線で、このカメラの魅力をご紹介します!

 


ポイント1 「とにかく高感度」
 
高画質F1.4の明るい大口径レンズを搭載しているので、
シャープでコントラストの高い描写が可能です。
写真を撮る際に、画面が暗くなってしまうことがよくあったのですが、
このカメラならそんな悩みも解消!

ポイント2 「簡単に背景をぼかすことができる」

ひまわり 001   ひまわり 002
   【通常モード】           【背景ぼかし】

難しい操作は一切必要なく、液晶モニターを確認しながらダイヤルを回すだけ!
背景のぼけ感を自分好みに調節することができます。
カメラのテクニックがなくても、一眼レフで撮影したようなぼけ感が出せるので
嬉しくなってついつい「今度はあれを撮ってみようかな」といろいろ試してみたくなります。

ポイント3 「色んなエフェクトが楽しめる」
クリエイティブコンロトールというモードがあり、
今回はその中のワンポイントカラーという色調で撮ってみました~。
ワンポイントカラーは、強調したい1色だけを残して
それ以外の部分は白黒にするという効果です。

ひまわり 004

このほか、定番のレトロやセピアをはじめ全部で16種類の色調での表現が可能。
いずれも撮影後に加工するのではなく、撮影前に設定するので自然な仕上がりになります。
スマホのアプリで画像を加工するのも便利ですが
直感的に操作できるカメラってやっぱり面白いです!

新商品や、発表会の様子など、ニューフェースのこのカメラに収めて
ブログでご紹介していきたいと思いますので、みなさんぜひチェックしてみてくださいね。

 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月9日(月)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

MonoMax モノマックス ナノ・ユニバース nanouniverse nano 工具セット 付録

雑誌付録の常識を変えた!? ナノ・ユニバース 工具セットは一…