MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2022/10/12 19:00PRルノー・ジャポン

    輸入車SUVで低燃費No.1! F1由来の走りと驚異の燃費性能をもつルノー キャプチャーってなんだ?

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,フロント,イメージ

    個性的なモデルがしのぎを削るSUVのなかで、オススメしたいのがルノーのキャプチャーだ。コンパクトSUVなので日本の道路事情にもマッチ。扱いやすくて実用性も高いだけでなく、躍動感のあるデザインはセンスのよさが光る。
    そしてキャプチャーに新たに加わったのがE-TECHと呼ばれるハイブリッドモデル。ルノーが培ったF1テクノロジーを存分に投入したシステムで、気持ちのいい走りと経済性を高いレベルで両立させている。

    輸入車SUVで低燃費No.1! F1由来の走りと驚異の燃費性能をもつルノー キャプチャーってなんだ?

     

    F1由来のハイブリッドシステムを搭載し低燃費は輸入車SUVNo.1

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,走行

    ハイブリッドの魅力はエンジンならではの躍動感と、モーターが持つ滑らかさと力強さを兼ね備えている点。F1由来のE-TECHは高効率なシステムに仕上がっていて、輸入車SUVのなかでトップの低燃費、22.8km/Lを誇るだけに財布にも優しいのが特徴だ。

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,モニター

    モーター駆動とエンジン駆動、複雑に切り替わる高度なシステムは滑らかで違和感は全くなし。モニターで確認しないと作動状況が分からないほど。

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,EVモード

    ハイブリッドモデルならではの特徴として、EVモードスイッチをオンにすると可能な限りモーターだけで走ることができる。深夜の住宅街などでは重宝するし、燃費の向上にも貢献する。

    扱いやすいボディサイズと個性際立つリアスタイル

    輸入車SUVで低燃費No.1! F1由来の走りと驚異の燃費性能をもつルノー キャプチャーってなんだ?

    精悍な顔つきのフロントに対して、リアは塊感を強調したデザインで、コンパクトSUVとは思えない存在感を演出している。ブラックアウトしたホイールアーチやフローティングルーフなど、大胆なアクセントにも注目だ。

    輸入車SUVで低燃費No.1! F1由来の走りと驚異の燃費性能をもつルノー キャプチャーってなんだ?

    リアライトはフロント同様にルノーの象徴となるCシェイブを採り入れたデザインで、立体的なストライプなど実に芸が細かい。

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,ホイール

    18インチのホイールはPasadenaと呼ばれる大胆かつ繊細で凝ったデザイン。タイヤもプレミアムモデルを履く。

    ロングドライブへ出かけたくなる心地よい車内空間

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,インテリア

    コンパクトを超えた上級モデル同様の質の高いインテリア。運転席は人間工学に基づいたもので、ドライバーを中心としたスマートコクピットと呼ばれるデザインでまとめられている。ほどよい包まれ感で走りへの期待も高まる。

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,フロントシート

    フランス車といえばシートの質の高さ。キャプチャーも大ぶりのサイズで体をしっかりと包み込んでくれ、極上の座り心地を楽しめる。シートヒーターが付くのは寒い季節にはありがたい。

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,リアシートルノー,キャプチャー,SUV,No1,リアシートスライド

    リアシートも足もとのスペースも余裕たっぷりでゆったりと座れる。前後に最大160mmスライドするので、シチュエーションに合わせて調節が可能だ。

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,インテリアデザイン

    浮いたように見えるフライングセンターコンソールに設置されたシフトはe-シフターと呼ばれる。小気味のいい感覚がクセになる。

    実用的なクルマ作りを得意とするフランスらしさが生きるラゲッジスペース

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,ラゲッジ

    ラゲッジの使い勝手もSUVでは重要項目のひとつだ。キャプチャーのフロアボードは2段階で高さを変えることが可能で、上にすると開口部と高さが同じになるので荷物の積み降ろしを楽に行える。フロア高自体も高くない。

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,ラゲッジ

    ボードを下にすれば、より大きな荷物を積むことができる。自在なラゲッジ使いは日常の買い物やアウトドアで重宝する。

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,ラゲッジ

    リアシートは分割で倒せるので、荷物や乗員数に合わせて自在に調節できる。5人乗車でも440L(ハイブリッド)もの容量を誇る。

    スマホとの連動機能も充実

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,モニター

    7インチのモニターはスマホをミラーリングして、使い慣れたアプリをモニターで操作できる。もちろんアップルカープレイやアンドロイドオートにも対応。
    360°カメラによって真上から、見えにくい反対側の映像などを映し出して、駐車などをアシストしてくれるのは安心。

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,給電ポート

    センターコンソールには12VのシガーソケットとふたつのUSBポートが備わる。トレイもあるのでスマホの充電もスムースにできる。

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,給電ポート

    後席にもシガーソケットとUSBポートを用意。エアコンの吹き出し口も付いていて、前席同様に快適にドライブを楽しめる。

    お財布にも優しく運転も楽しめるキャプチャーはズバリ買い!

    輸入車SUVで低燃費No.1! F1由来の走りと驚異の燃費性能をもつルノー キャプチャーってなんだ?

    日本人にも受け入れられやすいデザインと上質なインテリア、使えるラゲッジはキャプチャーならでは。さらに走りを楽しみつつも、経済性にもこだわりたい欲張り派もE-TECHなら満足できる。オールマイティな個性派SUV、それがキャプチャーE-TECHハイブリッドだ。

    ルノー,キャプチャー,SUV,No1,給電ポート

    ルノー キャプチャー E-TECH HYBRID
    ¥3,740,000~(税込)

    [主要諸元]ハンドル:右 全長×全幅×全高(mm):4,230×1,795×1,590 エンジンタイプ:自然吸気 直列4気筒DOHC16バルブ 総排気量:1.597L 最高出力(ECE):69kW(94PS*参考値)/5,600rpm 最大トルク(ECE):148N・m(15.1kgm)/3,600rpm トランスミッション:電子制御ドッグクラッチマルチモードAT メインモーター:交流同期電動機【最高出力(ECE):36kW(49PS)/1,677-6,000rpm 最大トルク(ECE):205N・m(20.9kgm)/200-1,677rpm】 サブモーター:交流同期電動機【最高出力(ECE):15kW(20PS)/2,865-10,000rpm 最大トルク(ECE):50N・m(5.1kgm)/200-2,865rpm】 電力用主電池:リチウムイオン電池 使用燃料:無鉛プレミアムガソリン 燃料消費率(WLTCモード):22.8km/L

    輸入車SUVで低燃費No.1! F1由来の走りと驚異の燃費性能をもつルノー キャプチャーってなんだ?

    ルノー・コール
    TEL:0120-676-365
    https://www.renault.jp

    取材・文/近藤暁史 撮影/佐藤亮太

    モノマックスの記事をシェアする

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】10個のポケット付きでビッグサイズ! 1090円で最強すぎるトートバッグが必ず付いてくる!

    【付録】10個のポケット付きでビッグサイズ! 1090円で最…