MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    【価格据え置き】愛煙家の節約にPloom X(プルーム・エックス)用「キャメル」がオススメ?

    相次ぐ“値上げラッシュ”は家計を直撃し、さらなる強まりをみせる節約志向。出費がかさむ年末年始を前にして、いかに財布のひもを締められるか、と誰もが思うはず。

    食料品や日用品、電気、ガソリンなど、生活に欠かせないものから、家電やガジェット、衣料品にいたるまで高騰するなか、10月1日には、加熱式たばこにかかる課税方式の見直しにともない、一部の加熱式たばこも値上げされました。しかし、「プルーム・エックス/プルーム・エス」用の「キャメル」は手頃な価格を据え置きに。「キャメル」が、愛煙家たちのリラックスタイムに寄り添います!

    1箱¥500の確かな吸い応え。

    JT_PLOOMX_ラインナップ
    長年愛され続けている「キャメル」は、「プルーム・エックス/プルーム・エス」用たばこスティックでも人気。現在、定番として8種類がラインナップし、レギュラーとメンソールとフルーツフレーバーがバランスよく揃っています。

    10月1日に、加熱式たばこの値上げが実施されましたが、「プルーム・エックス/プルーム・エス」用の「キャメル」の価格は1箱¥500をキープ。ほかのたばこスティックより手頃なところも魅力です。節約となれば真っ先に矛先が向く嗜好品ですが、ロープライスなら気持ちに余裕が生まれそう。

    PLOOMXシルバー PLOOMXブラック
    価格に加えて嬉しいのが、味わい深さとしっかりとした吸い応え。紙巻きたばこユーザーも納得する吸い応えは、昨年JTグループの総力を結集して開発された、次世代グローバルモデルの加熱式たばこの「プルーム・エックス」によって実現しました。
    加熱温度の緻密なコントロールと、空気の流れに着目した新発想の加熱技術「HEATFLOW®」が搭載され、シリーズ史上最大の吸いごたえに。

    従来モデルと比べて喫煙可能時間は約5分に延長され、パプ回数に制限もなくなり、ストレスなく使うことができるのです。
    丸みを帯びたデザインとボタンレスのボディはスタイリッシュで、LEDとバイブレーションで直感的に操作可能。
    Bluetooth®︎通信機能も搭載され、スマホと接続すれば、詳細なバッテリー残量が表示されたり、デバイスロック機能で加熱スタートしたり、最後にスマホと接続した場所を確認することもできます。

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…