デザインオフィス「nendo」×「MARK'S」のコラボ文具を買いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(編集部・石堂)

イマドキの文房具とは、脳天に衝撃が走るほどの出会いになることが多いです。

一躍有名となったプラスのはさみ「フィットカットカーブ」は、
牛乳パックを切っているはずなのにペラペラのコピー用紙を切っている感覚でもはや体が困惑し、

香り文化はいつのまにこんな進化を!? と驚きおののいたゼブラのボールペン
「サラサクリップ スウィーツパーティー」は、あまりにおいしそ~~~うな香りに使う度に癒され……

ね、みなさんもこの感覚に覚えがありませんか!?

これは全く未知なるものとの出現とは違っていて、
<今までよく知っていたはずの身近なものが、
なんだかよく分からないけれどコンフォータブルになっている!>

感が、今文房具の進化にグッとくる理由でしょう!

前置きが長くなりましたが、そんなハッピーをくれる文房具をご紹介します!

1

ご紹介するのはMARK'Sからデビューしたばかりの新コレクション『by|n(バイエヌ)』。

みなさんご存知デザインオフィス「nendo」の佐藤オオキさんがデザインを手掛けているんです!
控えめなのに機能的、さりげないのに美しい。
そんなコレクションになっています!

まずはこちらの「contrast ruler」! そう、定規!
2

見てください、両端に付いたメモリが白から黒へとグラデーションになっています!
3

つまり濃い色の紙の上でも、もちろん白い紙の上でも、

目盛り、読めます! パチパチパチ!
4

というかこの姿がとにかく美しい。
1200円也~。

続いてこちらの付箋。お名前は「circle tag」です。
5

一枚一枚はフラッグのような形状ですね。

これの何がいいかと言いますと。

A.普通の付箋
6

B.circle tag
7

う~ん伝わらないですよね、
でもこれ、引っかかりにくいんです!

四角形ならぬ三角形というのがポイントだそう。
角が少ないってことですね。
確かに、カバンからこの付箋を貼った本を出し入れするときに、剥がれにくい気がします!

ちなみに、のりが付いていない方が中心を向くような台紙になっているので、
持ち歩く際も端っこがペラペラせず、便利です。
こちらは400円也~。

この他にノートやメモパッド、ペンケースなど全11種類あるそうです。

文房具好きの方はこちらもチェックを!

bungu_hyousi

そしてやっぱりMonoMax3月号のチェックを!
たくさんのモノを見てきた人達が何度でも買っちゃうモノって、すごい秘密がある気がしませんか……?

PPP_MonoMax03_表1_144dpi

 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(土)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

大好評!SHIPSのコイン仕切り財布の使い方を動画で解説しま…