おとぎ話みたいな洋館で優雅なティータイムを大人のための絵本カフェ「マ・プレフェレ」オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事にプライベート、大人の時間はあわただしい。ビジネス書を片手に猛進するのに疲れたら、子供のころに読んだ絵本をそっと開いてみてはどうだろう。“絵本カフェ”Mapreferee(マ・プレフェレ)では壁一面に並んだ絵本を自由に閲覧できる。ティータイムにほっとひと時、素直な子供の心を取り戻すことができるかもしれない。ちなみに…「マ・プレフェレ」とはフランス語で「お気に入り」の意味だ。

 

絵本カフェ「Ma preferee」(マ・プレフェレ)

■営業時間:AM11:00?PM21:00■住所:東京都中央区銀座2丁目11-8 デュークプレックス銀座タワー2/11(3F)■公式サイト

ビルの1フロアとは思えない、クラシカルな雰囲気の店内は“お屋敷”の様相。レンガ造りの暖炉に木製の書棚、レースのカーテンはさながら貴族のお屋敷のようだ。傍らにはゴシックな制服を身にまとったエイド(店員)が控えている。給仕をしてくれるのはもちろん、流行の絵本や珍しい絵本を紹介してくれるなど、その知識は確かなものだ。

店内には洋書を中心に約1000冊の仕掛け絵本と、500冊ほどの懐かしい絵本や大人向けの絵本が並んでいる。

「くまのプーさん」や「リサとガスパール」といった人気シリーズはもちろん、「人魚姫」などの古典、「ターシャの庭」で話題のターシャ・チューダーの絵本など多彩な品揃えを誇る。蔵書は今後も増える予定。行くたびに新しい絵本と出会えるはずだ。

カフェなので店内では飲食も楽しめる。というか、時間制でセットメニューを注文すると120分の利用が可能となる仕組み。フィンガーサンドウィッチやケーキのアフターヌーンティーセット「アリスのお茶会」(税込3000円)、森で採れたきのこで作ったクリームパスタとサラダとバゲットがついた「白雪姫」(税込2700円)など、ランチとして満足できるセットメニューはすべて名作童話にちなんだネーミングになっている。また、お茶とチョコレートのセット「オズのティータイム」(税込1260円)では60分の利用が可能。軽いお茶だけでも滞在できる。

単品メニューにはロイヤルミルクティー(税込1050円)、アイスクリーム(税込600円)などのほかグラスワイン(税込1260円)も用意されており、これらでも1オーダー追加で60分の延長が可能になる。

いずれも味は銀座らしくおしゃれで本格的な仕上がりだ。

天井まで届きそうな背の固い書棚や絵本の中のような長いテーブルなど、調度品も雰囲気たっぷり。大人のために用意された贅沢な空間と時間で、ビジネス書には書かれていない「ほんとうにたいせつなもの」を絵本の中に探してみてはいかかだろうか。

(望月哲史&YS)

絵本カフェ マ・プレフェレ

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月8日(土)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

シップス モノマックス リュックサック 付録

いろいろ使えるリュックサックが980円で付いてくるんです! …