軽やかで涼しいGAPの夏デニムで来たる猛暑を迎え撃つ!

真夏にデニムって履きたいですか……?

肌にはりつく、あの感じ。真夏のデニムの着用には、ちょっとした忍耐が必要だと感じる人もいるでしょう。

しかし今年の夏からは、そのデニムに対する認識が変わりそうです。

GAPの新提案!真夏に履けるデニム

2018年夏から売り出すGAPの夏デニム「Wearlight Denim(ウエアライト デニム)」は、今までのデニムのイメージを覆す商品。

デニムとは思えない10オンスを下回る軽さと、4方向に伸び縮みする4 Way Stretch(フォー・ウエイ・ストレッチ)で、しなやかな履き心地を実現しました。

メンズでは、王道のストレート、人気のスリムフィット、美脚が際立つスキニーの3つのスタイルを軸に、豊富なカラーバリエーションで展開。

 

ウィメンズはさらに軽い、驚きの約240g

ウィメンズはさらに8.5オンスまで軽さを追求。デニム地にはコットンの他にリネンや、ユーカリから作られた新しい再生繊維リヨセルを採用して織りを追求。デニムの風合いを残しつつ、強くて軽い新しいデニムが誕生しました。

ワイドレッグ、ガールフレンド、スキニー、デニムショーツといった豊富なシルエットに、ホワイトからダークインディゴまで様々なウォッシュで展開。

ギャップが真夏に向けて開発したこの夏デニム「Wearlight Denim」。身につけていることを忘れてしまうほど軽くて涼しいんだとか。

キッズやベビー向けのアイテムも揃っているので、今年の夏は、デニムでトータルコーディネートを楽しみたくなりますね。

 

ギャップジャパン
http://www.gap.co.jp/

 

取材・文/横山博之 写真提供/ギャップジャパン

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月7日(金)
890円(税込)