アークテリクスから革新的なトロリーが発売されました!

キャリーケース

都会的なデザインでありながら、機能性も十二分なトロリーでした!!

梅雨明け宣言がされていよいよ本格的な夏が訪れようとしていますが、すでに30度超えを連発している今日この頃。
こうも暑いと旅行がてら、どこか涼しい所に出かけたくなりますが、必ず持ち歩くのがスーツケース。
しかも見た目はいいけどハードケースを選んでしまうと夏は後悔しますよね。
暑くて重いんです。。。
今回は、ソフトケースなのに荷物もたっぷり入って、動かしやすく、しかも見た目も大人っぽいとかなり大プッシュなアークテリクスの“ROLLING DUFFEL V80・V110”をご紹介します!

 

1 スタイリッシュな見た目とは裏腹にハイスペックなキャリーケースです!

 

キャリーケース

まずは見てください!
このデザイン!
ギア好きな方なら確実にグッとくるこの佇まい。。。
これはやられました。
どうせ持つならカッコイイ方がいいじゃないですか!
このオールブラックなカラーリングと、無骨さもあってまずはデザインからという方には文句無しにオススメしたいです!

キャリーケース

ただここはMonoMax!
単純にいいデザインのものを紹介する所ではございません。
何よりも、どう使えるのかというのがポイントかと思います。
まずこのメインの素材についてですが、防水コーティングN630p-HTという独自開発した素材を用いて高い防水性を完備しています。

キャリーケース

次いでこのウィール。
115mmの大口径ウィールをアークテリクスエクスクルーシブとして採用しています。
このウィールが実に良く、軽量で耐久性に優れ、高い消音性を誇ります!
実際にこのラゲージを動かしてみましたが、その場で本体が回転するほどスムーズで、押し引きもかなり楽だと思います!
これならレンガの道や、アスファルトなどの荒れた路面でもスムーズにラゲージを移動することができますよ!

キャリーケース

そして肝心の収納部。
ソフトなので、荷物が入りやすいのはモチロンですが、ラゲージの内側からフレームを排除することによって、パッキング効率を最大化できる仕組みになっています!
要は外枠がないので、荷物も自由にパッキングでき、できるだけ多くの荷物を持ち運びできるということです!
これなら旅先などで荷物が増えてもラゲージに入れられるので安心ですね。

 

 

2 さらに、優れた耐久性と使い勝手の良いディティールもチェック!!

 

 

キャリーケース

実はこのラゲージ、アークテリクスが独自開発したと言いますが、かなり本気です。
外部機関SGS Canadaにて耐久性のテストを実施し、1Mの高さからコンクリートに50lb(22.6796kg)の荷重を垂直に落とす試験を行い、バッグ、ウィール、フレームに損傷がないのを確認できたらしいです!
これは「耐久性には自信があります!」と公言してもいいのではないでしょうか。

キャリーケース

さらにこのハンドル部分も肉厚で握りやすく、かなり移動しやすいです!
ウィールの大きさと本体の軽さも相まって、重く感じませんよ!

キャリーケース

フロントにはパスポートやチケットなどの小物を収納できるエターナルポケットも完備しているので、サッと取り出しもできますね!

実用的でありながら、都会的でスタイリッシュなデザインでもあるアークテリクスの自信作。
これは是非店頭にて試していただきたいモノなので、お近くの方はお立ち寄り下さい!
決して安くはありませんが、値段以上の価値はある素晴らしいラゲージだと思います!

[V80 ROLLING DUFFEL]

キャリーケース

質量:3,38kg
容量:80L
外形寸法:86×46×34cm
メイン素材:防水コーティングN630p-HT
背面部分:防水コーティング N690p-HT ATY
¥60,000

[V110 ROLLING DUFFEL]

キャリーケース

質量:3,5kg
容量:110L
外形寸法:93×46×36cm
メイン素材:防水コーティングN630p-HT
背面部分:防水コーティング N690p-HT ATY
¥63,000

[問合せ先]
アークテリクス コールセンター
TEL:03-6631-0833
https://arcteryx.com

スタイリスト 小林 知典

 

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月7日(金)
890円(税込)