ファミリーマートの「男飯」おにぎりシリーズに新作が登場! ガッツリ系でボリュームもすごい!

ファミリーマートが4月からスタートしている、男飯シリーズ。男性の好みに合わせた味付けと具材のチョイスを行い、ボリューム感あるおにぎりになっています。8月7日に新作が2個、登場しました。

ちょい辛で大きい!「男飯 スパイシーカツカレー」

カレー炊き込みごはんの中に、とんかつソースとスパイシーなカレーで味付けしたロースカツが入った、ドライカツカレーとも言えそうな組み合わせ。おそらく崩れるのを防ぐための、のりが巻かれています。

実際持つと、かなり大きく、重い! 一般的なコンビニおにぎりとくらべて、厚みがあります。中身は、ロースカツとカレーがぎっしり。

とんかつソースとカレーが混ざりあった部分はかなり味が濃そうです。

カレー炊き込みご飯は、ドライカレーとは違う、まったりとしたカレー味。中に入ったスパイシーなカレーと一緒に食べると、本格的なカレーライスっぽくなります。さらに、とんかつソースとカレーが混ざったカツが濃厚で、飲み物が欲しくなります。1個食べ終わったら、結構腹がふくれました。

肉感たっぷりで、脂と旨味が濃厚すぎ!「男飯 炙り焼ソーセージおむすび」

豚肉のみを使用したボロニアソーセージを炙り焼きし、ご飯にはペッパー風味をきかせ、ソーセージとご飯の間に一味マヨをはさんだ構成。袋を開けた瞬間から、肉の香ばしさとペッパーのスパイシーさが漂ってきます。

スパイシーカツカレーほどボリュームはありませんが、これも一般的なコンビニおにぎりと比べると大きめです。ソーセージも結構厚め。一味マヨがしっかりと塗られており、見るだけでこってり具合が想像つきます。

ソーセージはサクッと噛み切れる柔らかさで、炙った香ばしさと脂の甘味が強い! 一味マヨのピリ辛味とペッパーご飯のほのかなスパイシーさが重なって、最終的には、予想以上のこってり味になりました。炙ったソーセージがご飯の上に乗っていることで、肉感が強調されていて、具材として中に入っているより、食べた感があります。

どちらも、1個で結構お腹が満たされるので、ゆっくりランチができないけれど、お腹を満たしたいときの、サク飯としていいかもしれません。

 

「男飯 スパイシーカツカレー」
¥184+税
「男飯 炙り焼ソーセージおむすび」
¥139+税
※「男飯 スパイシーカツカレー」は、九州地方の一部では取扱なし

 

文・撮影/金山 靖

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(火)
950円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから