「DAD」系スニーカーの新顔がリーボックからも降臨!

1997年にリーボックが開発した「DMX Moving Air Technologyディエムエックス・ムービング・エア・テクノロジー)」は、ソールに搭載された「エアポッド」が特徴のテクノロジーです。
足が地面に接するたびに空気が圧縮され、エアポッド内の空気が異なるゾーンの間へと押し込まれ、優れた安定性とクッション性を生み出します。この技術は1997年に発売した「DMX RUN 10」以降、様々なモデルに採用されてきました。そして2000年、DMX史上初めて「エアポッド」をミッドソールの中に埋め込んだ「DAYTONA DMX(デイトナ ディーエムエックス )」が誕生しました。

リーボック クラシック  DAYTONA DMX OG

本作は2000年に登場したオリジナルを忠実に再現した、復刻モデルとなります。
1990年代後半から2000年代初頭にかけて流行したテック系ランニングシューズの流れで登場して、つま先からヒール部にかけて滑らかな曲線を描いたパイピングが特徴的です。
こちらは最近注目の新ジャンル「DAD」系の流れを汲み取ったデザインと言えます!

リーボック クラシック  DAYTONA DMX OG

 

ボッテリしたデザインが今、逆に新鮮です!

リーボック クラシック  DAYTONA DMX OG

アッパーはナイロンメッシュとレザーのオーバーレイで構成されています。中綿がしっかりと仕込まれていて、ボリューム感が溢れています!

 

リーボック クラシック  DAYTONA DMX OG

まるでエアマックス95の“パクリ!?”とまで思えちゃう、サイドのレザーの貼り合わせ具合など、90年代当時の時代を感じさせますね~! ちなみに一説のよると、オリジナルのデザインを担当したのは、エアマックス95と同じデザイナーだったとか。

 

リーボック クラシック  DAYTONA DMX OG

ヒールにもしっかりとベンチレーションが設けられていて、通気性対策もバッチリです。

 

リーボック クラシック  DAYTONA DMX OG

まるでトレッキングブーツのアウトソールを思わせるようなタフなトレッドパターンを採用していて、優れたグリップ力を確保しています。

 

ちなみにボテッと系デザインは1990年代に多く登場しているので、ついつい忘れがちですが、ボクらアラフォー世代ならかつて経験しているムーブメント。「DAD」系と聞くと“自分にはちょっと、、”思いがちですが、実はそうではありません。意外なくらいに履きこなせちゃうんです!

 

リーボック クラシック  DAYTONA DMX OG

リーボック クラシック
DAYTONA DMX OG
¥15,000

リーボック アディダスグループお客様窓口
0570-033-033(電話受付平日9:30~18:00)
http://reebok.jp/

取材・文/本間 新

 

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月7日(金)
890円(税込)