日産 セレナe-POWERでシルクのような走りを体感!【今語りたい名車 Car No.38】

充電を気にせずに楽しく走れる、新しいカタチのEVミニバン

「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー、山内一典さんが毎号1台のクルマを取り上げてその魅力を語るMonoMax連載「山内一典が選ぶ今語りたい名車、未来も語りたい名車」。
本ブログでは、これまで当連載で扱ってきた名車を1台ずつ紹介しています。
第38回の名車は日産自動車 セレナe-POWERです。
日産 セレナ

セレナe-POWERは、ノートに続くe-POWERシステム搭載車。
普通の乗用車よりも乗車人数が多く、重さの影響を受けることも少なくないミニバンの走行性能を、モーター駆動による力強さで補おうと開発されたモデルだ。
e-POWERはバッテリーとモーターによるEVの仕組みと、発電専用のガソリンエンジンを組み合わせたもの。
従来のレンジエクステンダーEVと異なるのは、エンジンが1198ccの直列3気筒と大きいことと、外部充電機構を持たず、エンジンで生み出した電力を供給することによってのみ充電すること。
モーターは最高出力136psながら最大トルクは32.6kgmと、自然吸気2.5リッタークラスのガソリンエンジンを軽々と凌駕する力強さを示している。
日産 セレナ
ちなみに燃費はJC08モードで26.2km/Lと、同じセレナのラインナップにある2リッター+ハイブリッドより10km/L前後も良好な数値を実現している。
価格は296万8920~343万6560万円と、減税を考慮すると通常のハイブリッド仕様の約40万円高だ。

日産 セレナe-POWERは、ここにも注目!

日産 セレナ
エクステリアもインテリアも、通常のセレナとそれほど大きな違いはないが、乗り味は通常のハイブリッドモデルより遙かにシルキーで上質。
日産 セレナ
搭載されるガソリンエンジンは1.2リッターの直列3気筒。
日産 セレナ
充電が必要になったときのみ自動的に始動し、あくまでも発電専用。

取材・文/嶋田智之 撮影/池之平昌信
(本文の内容は2018年本誌掲載時点のもの)

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(火)
950円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから