• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(月)
1136円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

編集初心者カナリの編集日記パート2~東京湾納涼船レポート~

こんにちは。アシスタントのカナリです。ムシアツい日が続いてますね。
編集部は8月10日発売の9月号
(巻頭特集は「ビジネスバッグ大辞典」、ほかに「アウトドアギア購入ガイド」、「デジタル&家電得ワザ50」など今知りたい情報が満載です)
の編集作業を終え、抜け殻と化した体に気合を入れるべく、

夏の風物詩“東京湾納涼船”に乗ってきました!
東京湾納涼船


竹芝の客船ターミナルを19時すぎに出発し、お台場を回って21時に戻ってくる船の旅です。平日の夜にも関わらずたくさんのお客さんでにぎわってます。

レインボーブリッジもガンダムも(気づいた時にはライトアップが終わっていて、写真がとれませんでした…)見えましたよ~!
東京湾納涼船

カナリ的重要ポイント、フードメニューはというと…
東京湾納涼船

デッキごとに売っているメニューがわかれていて、定番メニューから(焼きそば、たこ焼き)サザエのつぼ焼きなどの“ツウ”なメニューまで、数多くのバリエーションでテンションがあがります! 
ちなみにおすすめメニューは写真の陽気な彼が作っている「シシケバブ」。
スパイシーでビールにピッタリでした。乗船料を払えば、お酒は飲み放題です。

リサーチの結果、皆さんにオススメする納涼船ベストポジションは、
二階Aデッキ・ダンスフロア奥のエリア(イスと机あり)です。
風に吹かれ、夜景やゆかたダンサーズを眺めて、気持ちよーく満喫できると思います。

我々MonoMax編集部は、下の階のござエリアに陣取り、ビールとサワーとおつまみでひっそり盛り上がったのですが……。
でもやっぱり納涼船乗るなら外のデッキがいいと思います!(キッパリ)

9月23日まで毎日出航してるようなので、ぜひ皆さんも涼みに出かけてみてはいかがでしょうか?非日常感が味わえて気持ちいいです。
詳しくはhttp://www.tokaikisen.co.jp/packtour/summer2009/noryo/dancer.shtml
をご覧ください!

十分に英気を養い、また次号制作に向けて頑張ります!

 

この記事をシェアする

今月の特別付録

monomax モノマックス 12月号 付録 特別付録 マーモット marmot ショルダーバッグ

マーモットのショルダーバッグは3つのポケット搭載で使いやすさ…