モノマックス総力特集 3万円以下のスマートウォッチ BEST3!

③G-SHOCK G-SQUAD [GBA-800-4AJF]

G-SHOCK G-SQUAD [GBA-800-4AJF]

アーバンスポーツをテーマに、アスレジャーに向けた新シリーズ「G- SQUAD」のモデル。3軸加速度センサーによる歩数計測機能やスマートフォンリンク機能などを装備。フィット感を高める工夫も施されている。ケース径48.6㎜、20気圧防水、クオーツ

一見すると、いつものG-SHOCK。しかしスマホと連携すれば、多彩なワークアウト機能を活用できるのがこのモデルだ。3軸加速度センサーによる歩数計測機能や、最大5本×20セットというマルチタイマー、ラップメモリー最大200本といった基本性能から、トレーニングメニューの簡単作成といった独自機能まで備えており、多彩なワークアウトに対応してくれる。

各種設定や表示を下手に時計本体でこなそうとせず、思い切ってスマホに預けたのもわかりやすくてよかった。「きめ細かく設定でき、自分が本当にやりたいトレーニングにも合わせられるのがいいですね。それに街でも映えるデザインだから、普段使いしやすいのも魅力的でした」(タカシ)。

トレーニングの成果をスマホで確認できる!

G-SHOCK G-SQUAD [GBA-800-4AJF] G-SHOCK G-SQUAD [GBA-800-4AJF]

ステップトラッカー機能で、活動量をスマホで確認することが可能。一日の歩数や消費活動量のほか、週・月単位での成果もいつでも確認でき、モチベーションを維持できる。

ユーザーの希望に沿ったトレーニングにも対応!

G-SHOCK G-SQUAD [GBA-800-4AJF] G-SHOCK G-SQUAD [GBA-800-4AJF]

インターバルトレーニングを実践するため、メニューを細かく自作して設定可能。またストップウォッチもターゲットタイム報知機能付きで、多彩なトレーニングに対応する。

3Dマップで運動の記録を振り返る!

G-SHOCK G-SQUAD [GBA-800-4AJF] G-SHOCK G-SQUAD [GBA-800-4AJF]

スマホのGPS 機能を活用することで、活動時の位置情報も記録。後から3Dマップ上で走行したルートやエリアごとの歩数・消費カロリーを振り返ることができる。

G-SHOCK G-SQUAD [GBA-800-4AJF]

質量はわずか約60gだから、トレーニングしているときも負担に感じにくい。もちろん日常使いでもストレスなく着用できる。

G-SHOCK G-SQUAD [GBA-800-4AJF]

通常のG-SHOCKと異なるのが、バンド上に設けられた穴の間隔と数。より細かく設計されているので、フィットさせやすい。

¥16,500(税抜)
問カシオ計算機 お客様相談室☎03-5334-4869

 

いかがでしょうか? スマートウォッチというと高額なイメージですが、お買い得な価格で十分すぎる機能をもつモデルもたくさん出てきました。今後のお買い物の参考にしていただければと思います。

123

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 2月号

1月9日(水)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから