極上の温泉湯どうふを食べ比べ! 地酒と豆腐スイーツもあるよ!なワクワクフェスが開催!

東京の品川シーズンテラスで、2018年11月8日(木)から11日(日)まで、「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」が開催されます。

本イベントは、佐賀県嬉野市の嬉野温泉に伝わる名物料理「嬉野温泉どうふ」の5店舗の味を、地酒や豆腐スイーツと共に楽しめるグルメイベント。会場内ではおみやげを買えるブースが設置されるほか、足湯・手湯体験、さらには、神職と巫女さんが在中する縁結び神社も開設される、身体も心もポカポカになれるイベントなのです。

「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」で湯どうふ食べ比べ!

メインイベントである、「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」は、嬉野温泉で湯どうふを扱う5店舗の湯どうふが、なんと巨大な鍋で登場します!

この湯どうふ用の大鍋は、普段は地元のイベントのみで使われているものですが、今回、東京にその大鍋をセッティングします。それで、そもそもそんな大鍋で食べる嬉野温泉湯どうふって?

【嬉野温泉湯どうふとは?】
日本三大美肌の湯・嬉野温泉で食されている湯どうふグルメ。嬉野産大豆100%の濃厚な豆乳から硬めの豆腐をつくり、地元に湧き出る温泉で煮込んで食す。絶妙なアルカリバランスを持つ嬉野温泉水によって豆腐のたんぱく質がやわらかく変化し、とろとろクリーミーな食感を楽しむことができ、豆腐にあわせるコクのあるタレも特徴。

 

温泉地ならではの味わいが楽しめるようです。今回食べられる嬉野温泉湯どうがこちら。

 

和多屋別荘(わたや べっそう)

トロトロでクリーミーな嬉野温泉湯どうふを、秘伝レシピのスパイス入りゴマだれで食べるのが、この宿の魅力。宿に宿泊した人しか食べられないというゴマだれを、今回は特別に東京で楽しめるとのこと。ゴマだれがクリーミーな湯どうふにあわさると、全部飲み干したくなるほどおいしいスープに変身!

茶心(ちゃごころ)の宿 和楽園

とことんキメをこまかくした特製の豆腐は、食べるごとに味わいの変化が楽しめる不思議な魅力。ひとくちめは「つるっつる」なのに、ふたくちめは「とろっとろ」の食感に変化する不思議な味わい。

茶葉トッピングの特製ごまダレで!

ほのかな酸味の特製ごまダレに、地元名産の嬉野茶の茶葉をトッピング。濃厚なゴマと深みある嬉野茶の香りが、クリーミーな豆腐とともに口の中に広がります。

藤川豆腐店

地元・嬉野市の契約農家が生産する大豆を100%使用。やわらかくキメのこまかい食感に仕上げ、ひとくち食べた瞬間、甘く豊かな大豆の風味が広がります。

福田とうふ店

嬉野温泉湯どうふに欠かせない、地元嬉野産の大豆「フクユタカ」の特長である濃厚な味わいを、最大限に引き出すことだけを考えて作られた湯どうふが登場! とろりとした甘さが特長の九州醤油をベースにした、特製醤油だれも用意されています。

このめの里

口のなかで消える不思議な豆腐。レンゲの上でほろほろとした豆腐を食べると、ふわっと軽い食感とともに大豆の香りが舞い散り、次の瞬間何事もなかったように口の中が静まりかえるという、まるで冬の淡雪のような風流さを味わえます。タレは、豆腐のうまみがたっぷり溶け込んだ鍋のつゆに特製ゴマだれを入れ、スープのようにして食べるのがおすすめ。

 

「湯どうふ食べ比べ」は、日時指定のチケット制です。
<昼の部> 11時~14時、<夜の部> 17時~20時の2部制。

 

地酒や豆腐スイーツが楽しめる「おみやげストリート」

無料で入場できる「おみやげストリート」では、嬉野温泉の地酒「虎之児」や特産品である嬉野茶のほか、有明海産海苔を使った「有明海のり豆腐」、地元人気豆腐店の「ざる豆腐」、投入を使ったコスメなども登場。土日のみ数量限定で、東京初上陸の”パンに濡れる幻の豆腐スイーツ”「石割豆腐生ジャム」が、東京初登場!

足湯・手湯・縁結び体験ゾーンも!

とろりとした肌触りが自慢の「日本三大美肌の湯」嬉野温泉の温泉水を現地から直送!手軽に楽しめる足湯と、手だけ温泉につかって楽しめる「手湯」を会場で無料開放します。

さらに、佐賀から神職と巫女を招き冬の縁結びをお手伝いする神社を開設。佐賀県の南西部に位置し、年間300万人が訪れる日本三大稲荷のひとつ「祐徳稲荷神社」の全面協力により、おみくじ、御朱印帳が買えるほか、結婚、健康、受験などに向けた願いを込められる絵馬も頒布。会場で記入した絵馬は現地・佐賀の本殿に運ばれ、祈願奉納されます。

 

 

「嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン」
開催日時:2018年11月8日(木)~11日(日)
11時~20時
入場料金:無料(湯どうふ食べ比べは有料チケット制)
開催場所:品川シーズンテラス イベント広場 (東京都港区港南1-2-70) JR・京急「品川駅」港南口より徒歩6分

※湯どうふ食べ比べ概要
<昼の部> 11時~14時 <夜の部> 17時~20時 の2部制
前売りチケット:湯どうふ5店舗分1,300円(税込)。公式サイトで販売中
・先着1200名限定特典として「湯おけのチケット」を用意。
・湯おけ無しのチケットも購入可。
・当日券1,500円。会場で購入可。

https://ureshino-yudofu-garden.jp

 

文/金山 靖 写真提供/とろとろ温泉湯どうふガーデン運営事務局

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(金)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから