【これすごくいい!】ランバン オン ブルーのダウンがおしゃれで機能的すぎる!

ランバン オン ブルー ダウンジャケット

一気に寒くなってきて、いよいよアウターを購入しようとお考えの方も多いのではと思います。MonoMax編集部が考える今季の一押しアウターと言えば、それは間違いなく「ダウンジャケット」でしょう! 各ショップをのぞいてみても、ダウンジャケット推しのショップが多いことに気づいていただけるのではと思います。

今年も数多くのダウンジャケットを試着しましたが、中でもオススメだったダウンをご紹介できればと思います。それがこちらのランバン オン ブルーのダウンジャケットです。

優れた機能が満載! 贅沢仕様のダウンです

このダウンジャケットを詳しく解説していこうと思います。

まず、最大の特徴はめちゃくちゃ「軽い」ということ。昔のダウンジャケットってカジュアルアイテムなのに、意外と重くて動きづらいものが多かったのではと思います。が、このダウンジャケットは、

ランバン オン ブルー ダウンジャケット ランバン オン ブルー ダウンジャケット
右に動いても左に動いても、とにかく動きやすい! 肩を回す際に全然制限がないので、アウターなのにストレスを感じません。
動きやすさの理由は、ドロップショルダーと呼ばれる流行中のシルエットを取り入れているから。肩のポイントを腕側に落としてラインを作っているので、肩がこわばらず快適な動きやすさを実現できています。同じく流行中の幅が広いゆとりのあるシルエットも取り入れることで、快適な着心地を実現しました。

ランバン オン ブルー ダウンジャケット
そして、当然ですがとにかく暖かい! 取材はプレスルームで行われたからか、むしろ暑い!

羽織ってみるだけで、その辺のダウンとは暖かさ違うということに気づいていただけると思います。
「750フィルパワーのハンガリー産のシルバーグースのダウンを使用しています。アウトドアブランドのダウンにも引けをとらない、タウンユースでは十分すぎるくらいの素材かと思います」(ランバン オン ブルー 猪瀬さん)

また、暖かさをキープする理由のひとつが、こちらのドローコード。
ランバン オン ブルー ダウンジャケット
ドローコードを引っ張れば内側を締められるので、暖かさをキープしてくれるとともに、シルエットを調整できるのもうれしいところ。
ランバン オン ブルー ダウンジャケット
また、地味ながらとても便利だと思ったのが、内側に施されたメッシュポケット。けっこうな大容量なので、様々なものを入れられるし、ダウンなのでたくさん収納しても表に響かないところもよいです。
ランバン オン ブルー ダウンジャケット
いまのダウンジャケットは全体的に高額化が進んでしまい、10万円を超える価格の商品が多数登場していますが、こちらのアイテムの価格は7万円程度ながら、上質な着心地と動きやすさを両立しています。また、ご覧のように、3つの異なる素材を切り替えて使用しているので、すべてブラックながら、表情が異なって見えるのがおもしろいと思いました。
ランバン オン ブルー ダウンジャケット 
ポケットの部分にも止水ファスナーが使われているので、機能的に便利なのももちろんですが、デザイン的にもアクセントになっています。

ランバン オン ブルー ダウンジャケット

ちなみに中央のファスナーも止水ファスナーです。

まず圧倒的に暖かい。そして気配りがあるデザイン、機能的にも優秀と、総合力の高い1着ではないかなと思います。アウターを買おうにもどれを買ったらいいのかわからない……お悩みの方にぜひオススメしたい1着かなと思いました。

発売中
70,000円+税
ジョイックスコーポレーション○03-5213-2510

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月7日(金)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから