ついにPanasonicからLED電球がでます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。アシスタントのカナリです。
みなさま『MonoMax』10月号チェックして
いただけましたか?
クルテクモグラくんもチェック&絶賛してました。
ぜひどうぞ!

さて、昨日今話題のLED電球が
Panasonicからでるってことで、
その発表会に行ってきました。
白熱

蛍光灯

LED電球

この3点の写真のうちどれがLEDか分かりますか?


上から白熱電球、
電球型蛍光灯、
そして一番下が10月21日発売の
LED電球「EVERLEDS(エバーレッズ)」です。
画像 039

どうですか?
写真で違いが分かりましたか?

私あまりLED電球には詳しくないんですが、
過去のMonoMaxを読み返し、勉強したんです。
どうやら開発当初のLED電球は、
白熱電球(多分この電球を使っている方が
多いんじゃないかと思います)に比べて明るさが
足りなかったらしいんですが……

この写真ではもはや分かりません!
会場ではこの3つが並んでいたんですが、
全て同じように明るかったんです。
画像 042
LED前は人だかりがたえないですね~
(注:写真は人が集まっているので、
明るさの数値が下がっていますが、
同じ条件の場合は大体同じ数値でした)

そうなってくると、LEDのいいところって
“省エネ”らしいんですよね。

今回発売されるパナソニックのLED電球「EVERLEDS」
は業界NO.1の省エネなんです。

業界 NO.1といってもいまいちピンと来ない方の
ために(私もそのくちです)、
具体的にいうと、年間の電気代がなんと約300円!
(1日5.5時間使用時の1年間365日で計算。
電力料金目安単価22円/kWh(税込)で計算)

今までの一般電球の場合(シリカ電球60形 54W)
年間電気代は2,380円っていうんだから、かなりの
“省エネ”ですよね。

そしてさらにいいところは、“長寿命”なところ。
一般の電球の約40倍だそうです。
「なんか似てる」と思われがちな
電球型蛍光灯との違いがここだそうです。

階段の電気がきれると
「変えるのめんどくさいんだよな~」
って思いますよね?
LED電球EVERLEDSなら
1日5.5時間使用したとして、19年ももつらしいので、
取り替えるのが難しい場所にもぴったりですよね。

店頭想定価格は調光非対応タイプが4000円前後、
調光対応タイプが5000円前後。

「電球が5000円」ってきくと「高くない?」って
思うかもしれませんが、赤ちゃんが生まれてから
成人になるくらいまで、持つってことです。
すごいですよね。

これからは断然LED電球だと思います!

そのほかにも業界最軽量、最小サイズなどなど
注目ポイント満載の「EVERLEDS」。
ぜひ下記でチェックしてください↓
http://panasonic.jp/lamp

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

【売り切れも出てきた!】マーモットのショルダーバッグ、ぜひお…