クナイプさんが編集部にやってきた!

こんちは、編集部の富樫です。

編集部には日々、さまざまな人がお見えになります。
カメラマンやライターといったスタッフはもちろんですが、
メーカーの方もいらっしゃいます。

その場合、新商品の紹介に来ることが多いのですが、
中には近くを通ったので遊びに来た、なんてこともあります。

編集部ブログでは、そうした内容もご紹介していきたいと思います。

さて、先日、クナイプ(Kneipp)の方がお見えになりました。

男性読者はご存知ない方もいるかもしれませんが、
クナイプ(Kneipp)は、ドイツのブランドで、植物ベースの医薬部外品や化粧品をつくっています。

といっても日本でのイメージは「クナイプ(Kneipp)=入浴剤」。

いままでは入浴剤と一部ボディウォッシュしか販売していなかったので、当たり前です。

でもこの10月1日から、バス関係だけでなく、
ボディケア、ハンドケア、フットケアなど、一挙38品が全国で順次発売されることになりました。

web-P1060001

ちょっと見づらいですね。
きちんと撮影されたものがこれです。

webmini-main1

 

そのPRということで、女性ファッション誌を多く出版している
弊社にお見えになり、なぜかその中に混ぜてもらったというわけなのでした。

実際の商品を手にしながら紹介をうけたのは、
・ボディローション2種
・ボディオイル3種
・マッサージオイル2種
・ハンドクリーム3種
・フットバスソルト1種
・フットバター1種
・バスソルト4種
・パウダーバスソルト3種
・バブルバス3種
・バスタブレット9種
・ボディウォッシュ7種

という感じで、怒涛の38品。

インタナショナルシリーズ(通称iシリーズ)というそうです。

ちょっと説明のところを紹介しますね。
bath02

これは商品のほんの一部です。

で、どうだったかというと……。

なんていうのかな、優しい感じなんです。

いわゆる香のための香というような感じはなく、
ほのかに自然素材が香る感じといったらいいでしょうか。

で、
その中でも気になっていたのが、「バブルバス」。

入浴剤の一種で、お湯をためる際に入れておくと
バブルバスになるものです。

このバブルバスってのが、なかなかいいものがないのです。
先日も試したものがあるのですが、

泡が粗いうえに、泡もちが悪いんです。

でも!
このクナイプ(Kneipp)のは違いました!

試供品をいただいたので、
さっそく、その日の夜、自宅のお風呂で試してみたのですが、

web-P1060005

どうですか?↑これ!

泡立ちが違う!きめ細やかさが違う! 泡もちが違う!
ついでにいえば、
翌日の朝に再びお風呂に入ったときの泡立ちもgood!

いやーびっくりしました。なかなか良さそうです。

本当は私の入浴シーンもお見せしたいところなんですが、
優しいクナイプ(Kneipp)のイメージをこわしちゃうんでカットです!

ぜひ店頭で見たら、注目してみてください。

クナイプジャパンHP http://www.kneipp.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月7日(金)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから