ミラーレスカメラの真打ち現る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光を操り、さらなる光学性能を追求するシステムを搭載したカメラ!

 

 カメラ好きでなくとも、一眼レフカメラが良いカメラだということは多くの人が知っていると思います。ただ、大きかったり、高額だったり、使い方が複雑だったり、普段使いには少々向いていないのも事実です。そこで、コンパクトながらも高画質な写真が撮れるミラーレスカメラが注目をされています。一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いですが、これは例えば、景色を撮影する場合、一眼レフカメラは、カメラの中にある鏡(レフ)に、レンズが捉えた景色を反射させて「光学ファインダー」を通してリアルタイムにその景色を見ながら撮影する方式を取っています。一方、ミラーレスカメラは、その鏡(レフ)がなく、代りにレンズが捉えた景色を映像に変換し、それを「電子ビューファインダー」や「液晶モニター」に映し、撮影をする方式を取っているということ。この鏡(レフ)がないことからミラーレスと呼ばれています。前置きはこのくらいにして、ミラーレスカメラにもピンからキリまでありますが、今回ご紹介するのは、カメラ業界&カメラ好きから注目をされているキヤノンのフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」。このカメラは、キヤノンが新たに掲げるレンズとカメラの接合部マウントとRFマウントを採用。高画質の追求と、また光学の可能性も広げるというイメージングシステム”EOS Rシステム”の一号機。カメラ好きのドライバーやライダーの相棒としても良く、またミラーレスカメラの今後を担う一台となっている。

かつてない高画質を実現する3つのキーワード

EOS Rというカメラを表す上でキーワードとなるのが3つある。まずは大口径マウント、これまでにない映像表現と撮影領域の拡大のため、RFマウントはEFマウントの大口径54mmを継承。F値の明るい高画質レンズをはじめとする、ハイスペックなレンズの開発が可能になった。二つめはショートバックフォーカス、新たなRFレンズの性能を最大限に発揮させるため、ショートバックフォーカスを採用、これによって、光学設計の自由度を高める。そして三つめは、新マウント通信システムの採用、12ピンの電子接点を採用することで、通信速度が飛躍的に向上、フォーカス、絞り、手ブレ補正等のレンズ情報を素早くカメラ側へ伝えることが可能としている。

美しい画が撮れ、ブレもしっかりと補正してくれる

約3030万画素・35mmフルサイズのCMOSセンサーを搭載。RFレンズに対応した光学設計の最適化を図り、高い解像力を実現。フルサイズの大型センサーが、RFレンズの美しいボケ味を引き出してくれる。またブレに対してもレンズのジャイロセンサーに加えて、カメラのCMOSセンサーの画像情報からもブレ量を検出し、2つの情報を比較分析することで、レンズ側では検出できなかったブレも高精度で検知して、補正を可能にしている。

世界最速AFで一瞬の動きもしっかりと捉える!

EOS RのデュアルピクセルのCMOS AFは、35mmフルサイズカメラにおいて世界最速0.05秒*1の高速AFスピードを達成。撮影する側の意思に遅れることなく、動体の一瞬の動きを捉えてくれる。さらには、AF精度や追尾性能も進化し、あらゆるシャッターチャンスに対応してくれる。また、AF低輝度限界は、世界初となるEV-6*2を達成し、暗いシーンでの高精度な合焦を可能にしている。
*1 
2018年9月4日現在販売されている35mmフルサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式デジタルミラーレスカメラの撮像面位相差AFおよびコントラストAFにおいて(キヤノン調べ)。CIPAガイドラインに準拠して測定したAF時間の結果から算出(撮影条件や使用レンズにより異なる)。内部測定方法。
[測定条件]測距輝度:EV12(常温・ISO100)、撮影モード:M、RF24-105mm F4 L IS USM使用、焦点距離24mm位置、シャッターボタン操作による静止画撮影時、AF方式:1点AF(中央)、AF動作:ワンショットAF時 
*2 
35mmフルサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式デジタルカメラの撮像面位相差AFにおいて。2018年9月4日現在(キヤノン調べ)。キヤノン試験基準による。(静止画撮影時・F1.2・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO100)

EVFをのぞいたまま、自分好みの操作方法のカスタマイズが可能

光学ファインダーに迫るリアルな”見え”を追求するべく、視野率約100%の電子ビューファインダー(EVF)を搭載。また使用頻度の高い機能をフレキシブルに割り当てられる「コントロールリング(電子ダイヤルと組み合わせて絞り、ISO、露出などの割り当てが可能)」と「マルチファンクションバー(スライド操作と左右のタップ操作のアクションに、ISO、ホワイトバランス、ピンと確認、動画撮影、フレキシブルAE、AF、画像送りを割り当てることが可能)」と新たに設定。さらに動画ボタンやMODEボタンなど、さまざまな部材に機能を割り当てることが可能で、EVFをのぞいて撮影に集中をしながら、設定の変更や操作も行うことが可能となっている。

 

EOS R*ボディのみ

価格:256,500円(税込)

 

キヤノンオンラインショップ特別限定セット

EOS R・ボディー+マウントアダプター EF-EOS R +RFレンズ RF24-105mm F4 L IS USM(特典付き)

価格:420,930円(税込)

 

EOS R・ボディー+コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R +RFレンズ RF24-105mm F4 L IS USM(特典付き)

価格:434,700円(税込)

 

EOS R・ボディー+マウントアダプター EF-EOS R(特典付き)

価格:270,270円(税込)

 

EOS R・ボディー+コントロールリングマウントアダプター EF-EOS R(特典付き)

価格:284,040円(税込)

 

EOS R・ボディー+マウントアダプター EF-EOS R +RFレンズ RF24-105mm F4 L IS USM+カメラバッグ+三脚(特典付き)*納期1ヶ月

価格:465,480円(税込)

 

【問い合わせ】

キヤノンお客様相談センター TEL.050-555-90002

ホームページ:cweb.canon.jp/eos/special/eos-r/camera-r/

キヤノンオンラインショップ:store.canon.jp/online

取材・文/安室淳一 写真提供/キヤノンマーケティングジャパン株式会社

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

【売り切れも出てきた!】マーモットのショルダーバッグ、ぜひお…