MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

あなたの知り合いの女性も佐藤浩市と競演できる!?

miniP1060746
いやー、格好いいですね、佐藤浩市。

夏の連ドラの『官僚たちの夏』(TBS系)も良かったなぁ。「ミスター通産省」とよばれる、主役を演じた佐藤浩市には男ながら憧れましたよ。

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

そんな「佐藤浩市=憧れの上司」を印象付けたのが、トヨタの『マークX』のCMだと思うんですが、フルモデルチェンジした新型『マークX』の宣伝にあわせて、来年1月から再びオンエアされるそうです。

そう本日、東京・青海のトヨターのショールーム・MEGAWEBで新型『マークX』の発表会が行なわれたんです。

miniP1060756
新しくなった『マークX』は、初代の開発思想である「スポーティさと上質さ」はそのままに、「運転する楽しさ」と「乗る前から見るだけ心躍らせるスタイル」を追及した、本格FRセダン。

購入者層は、CMに登場する佐藤浩市演じる部長と重なる40代~50代男性がメインというが、価格は238万~380万円と、最低価格を初代モデルより約10万円安くしている。

佐藤浩市は、発表会で、実際に新型に乗った感想も述べている。

で、

本誌読者にはちょいと遠いかもしれないけど、ここでお知らせしたいのは、あなたの彼女や知り合いの女性が、佐藤浩市部長と競演できるかもしれないってこと!

佐藤浩市が登場するテレビCMは、来年1月に放映が開始される予定だが、共演女性を「Xgirlオーディション」と称して年内に一般公募。20代から1人、30代から1人をWebサイトをつかって決定するという。

これは応募するしかないでしょ。

http://toyota.jp/markx/

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!