話題のプログラミングトイ「toio」(トイオ)を親子で遊んでみた。これは楽しすぎる!

そもそもtoioってなんだ!?

2020年度から、小学校でプログラミング教育が必修化されるのをみなさんご存じでしょうか?
これは、具体的なプログラミング言語を学ぶことが目的ではなく、基礎的な「プログラミング的思考」を学ぶことが目的。そう、プログラミングを通じて問題の解決法を考えたり、論理的思考を養ったり……ということが求められるのです。

さて、少し前置きが長くなってしまいましたが、そんなプログラミング的思考を伸ばし、子供の創意工夫を引き出すロボットトイがこのたび登場しました。それが「toio」(トイオ)です。

そもそも「toio」は、「toioコンソール」(本体)
トイオ toio SONY
「toioリング」(リング型コントローラー)、
トイオ toio SONY
「toioコアキューブ」(キューブ型ロボット)
トイオ toio SONY
の3つで構成され、これに専用のタイトル(カートリッジ)とを組み合わせて、遊ぶというものです。

編集部では早速現物を入手。子煩悩さに定評のある編集Oが、早速この新型トイを親子で体験してみました。

とにかく楽しい!考える力が学べる!

まず遊んでみた専用タイトルは、『工作生物 ゲズンロイド』
カートリッジに同梱されている工作シート(型紙)をハサミで切ってtoioコアキューブに装着。それにプログラムを読み込ませると……いろんな動きが楽しめるんです!
トイオ toio SONY
さらに自分で操作もできますし、自分で作ったものを動かせる感動を子供も感じていました。
トイオ toio SONY
ゲズンロイドの魅力は以下の動画に凝縮されています。ぜひチェックしてください。

続いて遊んだカートリッジは、『GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~』
こちらはよりプログラミングの基本要素と論理的思考が学べるタイトルです。
絵本を読み進める中で起こるイベントを、ロジーボたちをプログラミングで動かしながら攻略していく冒険絵本なのですが、その動かす方法がなんともユニーク。
スタートからゴールまでどのような動作が必要かを考察し、自分自身で命令カードを並べ、それをロジーボに読み込ませる!というものなんです。
トイオ toio SONY
子供も、いろいろと試しながらカードを並べ替えていました。
うん、確かにこれならプログラミングの取っ掛かりとしても最適かもしれないです。
それにしてもロジーボの動きもかわいい!

なお、『GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~』の魅力も、こちらの動画で詳しく解説されています!

そのほか、5つの遊びが楽しめる『トイオ・コレクション』

も、楽しんでいた様子。
とくに『クラフトファイター』は、手持ちのレゴブロックと組み合わせて親子ともどもとても楽しめました。

遊びながら学べる。これってとてもすごいこと!

実際に親子でtoioに触れて感じたのは、「勉強している」という感覚がないのに、遊びながらいろいろなことを身につけられているということ。とにかく子供も楽しくなければ何も長続きませんよね。
これからも対応タイトルが増えていきそうなので、今後の展開も楽しみですね!

toio
トイオ toio SONY

https://toio.io/

Price: ¥ 20,526
Was: ¥ 21,578

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 5月号

4月9日(火)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

ナノ・ユニバース「動く仕切りの整理バッグ」にプロ野球名鑑、さ…