巣篭もり時代の部屋づくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引越ししたい熱がここのところ冷めやみません。

現在住んでいる家は、とてつもなく狭いのです。
もともと探していた条件にはぴったりあっているのですが(分譲住宅の賃貸物件・新宿からタクシーですぐ・これだけ)、だんだん増えてきた荷物に、たくさんあるほうであろう収納もパンク、遂には部屋が侵略されつつあるであります。

さらにはうちにはフェレットが二匹もいます。

fere


この二匹がせまい部屋であっちへいったりこっちへいったりするので、キチンと揃えて置いたものがそのヤンチャぶりに崩れ落ち、モノは次々と隠され、インドアな私もさすがにここのところ部屋にいることが窮屈に感じてきました。

fere2

どでーん。
ちょっと、ちょっと!そんなところで何やってんの!
こんなときあまりの狭さに気付かず踏んじゃいそうになるときも・・・。

ああ、もうちょっと広いところに引っ越したい。
・・・でも面倒くさい・・・

そんななか、次号の企画で「部屋」を担当したのですが、みなさん本当にオシャレな部屋に住んでいるんですね。

目の当たりにした瞬間、大打撃。

この経済状況からか、巣篭もりブームなんていわれていますが、正直あんなにオシャレな部屋なら巣篭もりたい。
この寒さも吹っ飛ばす「ぬくもり」感、存分に感じさせていただきました。

MonoMax1月号(12/10発売)をぜひ参考にしてみてください!

fere3

「うちも引っ越そうよ~」

「・・・・・・」。

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

ナノ・ユニバース ナノユニバース nano MonoMax モノマックス 付録 財布

ナノ・ユニバースの長財布は30枚のカードが収納でき、とても出…