噂のプラグインハイブリッド車・プリウスにさっそく乗ってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

miniP1080265
プリウスの生みの親・トヨタ内山田竹志副社長

本日(2009年12月14日)、トヨタがプリウス プラグインハイブリッド(写真上)を発表しました!

プラグインハイブリッドというのは、


家庭用電源で充電できるハイブリッドカーのこと。

いま販売されている、ハイブリッドカー『プリウス』は、ガソリンと電気エネルギー(貯めているのがバッテリー)で動きます。もうちょっと詳しくいうと、止まっていた状態から動き出す時点では電気エネルギーを使い、ある程度スピードがでてきたらガソリンを使う仕組みとなっています。

電気エネルギーだけでも走ることができるのですが、その距離はほんの2kmほどです。

そして、またバッテリーがなくなってきても、外部から充電することができません!

だから、家に駐車しているあいだに、コンセントから充電走ることができれば便利じゃん!エコじゃん!というわけで、にわかに注目されていたのがプラグインなのです。

非常に簡単にいうと、いままでのプリウス(ハイブリッドカー)に、リチウムイオン電池をつみ、充電用のコンセントに対応することで、家で充電できるクルマになった、ということです。

本日発表されたプリウス プラグインハイブリッドは、
■家庭用のコンセントで充電することができる!
■1回の充電で時速100kmまで加速できるそう!(現在は時速40km~50kmほどまで加速するとエンジンがかかってしまう。)
■1回の充電で、電気エネルギーで走った場合、約23.4km走行できる!
というような特徴を持っています。

だからこんなふうに充電できたりします。
miniP1080279

充電中は、電源をオンにするとこんなふうに表示されます。
(クルマのうしろにコンセントのマークが表示されてたり、後輪のしたにフル充電までの時間が表示されているのが、わかりますか?)
miniP1080283

残念ながら、本日発表されたのは企業や自治体向けのリース車両で、一般に市販はされません。

だけど発表の後、試乗の機会にめぐまれたので、さっそくのってきました。

プリウスにのっている人(特に3台目)にとっては、それほど驚きではないですが、やはりかなりの時速までエンジンがかからなかったり、航続距離長いのは大きな魅力なように思えます!

もっと興味のある人は、トヨタの車両概要説明をどうぞ。
その1

つづき

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

ナノ・ユニバース ナノユニバース nano MonoMax モノマックス 付録 財布

ナノ・ユニバースの長財布は30枚のカードが収納でき、とても出…