• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 6月号

5月9日(土)
891円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

編集部が選ぶ! 映画を快適にみるグッズ4選!

ネットフリックスやアマゾンプライムなど様々なサブスク配信サービスが人気ななか、以前より映画をみる機会が増えた方も多いのではないでしょうか?

せっかく映画を観るなら、より便利に、快適な環境で見たいものです。

そこで、編集部が使ってみてよかった、「映画が快適に観られるグッズ」をご紹介します!

①電車の通勤中に映画を見たいとき

毎日の電車での通勤。暇つぶしにスマートフォンで映画をみる方も多いのではないでしょうか?

でも混雑した電車の中で、両手でスマートフォンを持つのって結構大変。

そこでおすすめなのがこちら!

エース 1940 レーベル/フロンパック/¥21,000

問エース●03-5843-0606

トップポケットが大きく開き、スマホを立てかけて画面が見れるビジネスリュック。左右からアクセルできるサイドポケットや大きめのフロントポケットなど、前に抱えた時の使い勝手が追求されている。W28×H41×D10cm。

 

斜めに開いたトップポケットは、前に抱えた時、スマホがちょうど見やすい角度。

裏地に滑りにくい生地が使われており、大きめのスマホでも安定して置いておける。

スマホをリュックに立てかければ、手で持たずにスマホ画面を見ていられる。お気に入りの映画をダウンロードしたり動画アプリをインストールしたりしておけば、退屈な通勤時間が楽しい映画タイムに様変わり!

 

①みんなで大画面で見たいとき

自宅で友達を招いたときは、映画館のような迫力ある映像とサウンドでみんなをもてなしたい。

全員盛り上がること間違いなしな映画グッズはこちら!

LGエレクトロニクス/HF65LS/実勢価格¥130,000前後

問LGエレクトロニクス・ジャパン カスタマーセンター■0120-813-023

壁からわずか38cmの距離で100インチの大画面を投影できる、超短焦点プロジェクター。WebOSを搭載し、LANに接続すれば単体でユーチューブやネットが見れる。Bluetooth接続に対応し、ケーブルをすっきりできるのも魅力。

 

単焦点プロジェクターの一番の特徴は、映像を映す距離!

こんなに壁と近く設置しても大きな映像がうつるんです。

38cmほど話せば100インチの大画面になるので、友達と見るのに最高です。

プロジェクターが壁近くにあることで、投影のスペースを開ける必要がなく、大勢でも、ゆったりと動画視聴できるのも強み。

大勢で集まってもプロジェクターが邪魔にならず、全員が特等席で鑑賞できるのがいいです!

③周りを気にせず大音量で楽しみたいとき

自宅で一人で映画を見るとき、大音量で楽しみたいけれど、マンションではちょっと難しい……。

そんな家族やお隣さんを気にして迫力ある鑑賞を断念している人におすすめなのがこちら!

パイオニア/C9wireless neck speaker/実勢価格15,000前後

問オンキヨー&パイオニア

https://jp.pioneer-audiovisual.com/support/purpose/contact/

100gの軽量設計かつ、連続24時間の長時間再生が可能で、1日中快適に使えるネックスピーカー。IP4X準拠の防滴仕様・防汗設計のため、家事で濡れた手でも操作でき、ウォーキングなど軽いスポーツをする時にも使える。

迫力ある音を楽しめることで人気なネックスピーカーが、オンキオー&パイオニアからも登場!

ネックスピーカーのいいところは、耳元だけ大音量で、玄関のチャイムが鳴ってもちゃんと気づけるところですよね。

首にかけたスピーカーから音が出るので耳が痛くならず、臨場感あるサウンドが楽しめます。

自分自身には大迫力だけど、周りには音が漏れにくいので、マンション暮らしにぴったりです。

④ベッドで腰掛けて映画をみたいとき

スマホやタブレットで配信サービスを使うようになって、ベッドで寝る直前まで映画をみることもしばしば。

でもベッドってそもそも映画を観る場所じゃないから不便なことも多い。

体を起こしてもだんだんベッドヘッドにもたれかかって首を痛めたり、

横になって映画を観るのもなんだか疲れるし……。

そんな悩みにぴったりなアイテムがこちら。

テンピュール/テンピュール(R)ベッドウェッジ/¥23,000

問テンピュール・シーリー・ジャパン●078-335-2277

ベッドヘッドや壁に置いて、背もたれにできるクッション。上半身を起こして読書したり、壁にもたれてくつろぎたい時に重宝する。横にしても使えるほか、サイドには小物が入るファスナーポケット付き。W45×H45×D30cm。

ベッドヘッドに置くだけのクッション。

ベッドサイドでもクッションにもたれかかって映画を鑑賞できるので

楽な姿勢で快適にすごすことができます!

独特の触感のテンピュール素材が使用されており、背中をしっかりホールドし、適度に固定。

長時間使っても疲れにくく、カバーも心地よい肌ざわりでくつろぐのにぴったり。

ベッドでも超快適に映画が見れることがわかってからはベッドに入るのが早くなりました。

むしろベッドから出られなくなっちゃうかも……!?

いかがでしたか?

あらゆるシーンで使える映画グッズで、快適な映画ライフをお過ごしください!

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

ビームス BEAMS monomax モノマックス

BEAMSのトートバッグは創刊150号記念付録だからできた豪…