カメラの祭典「CP+」に行こう!

ライター/岡安学

 P2120284

2月12日より15日まで
横浜のパシフィコ横浜にて
カメラと写真映像のワールドプレミアショー CP+2015が開催されています。

カメラメーカーはもとより
周辺機器メーカー、自治体など
多方面のカメラ関係社が出展しています。

最新のカメラや超高級カメラ、レンズなど
めったに手にできない製品を
自由に触れる滅多にない
カメラ好きにはたまらないイベントになっていますよ。

開催時間は10:00~18:00(最終日のみ17:00)。

 

話題のOM-D E-M5 NarkⅡが触れるオリンパスブース。モデルさんを被写体にみなさん撮りまくっていました。

話題のOM-D E-M5 NarkⅡが触れるオリンパスブース。モデルさんを被写体にみなさん撮りまくっていました。

 

後から、ピント位置を変えられるので一躍注目の的となったLytro illum。ジオラマを使って、手前と奥にボケ感の変更を体験できる。

後から、ピント位置を変えられるので一躍注目の的となったLytro illum。ジオラマを使って、手前と奥にボケ感の変更を体験できる。

 

チェキの2倍のフィルムサイズのチェキWide。人が多かったり、付属の接写レンズで近づけたりできる。

富士フイルムのチェキの2倍のフィルムサイズのチェキWide。人が多かったり、付属の接写レンズで近づけたりできる。

 

同じく富士フイルム。Xシリーズの試写コーナーは長蛇の列で大人気。

同じく富士フイルム。Xシリーズの試写コーナーは長蛇の列で大人気。

 

先日発表したばかりのEOS 5Dsと5DsRは超人気。朝一に訪れても60分待ちとなるほどだ。

先日発表したばかりのEOS 5Dsと5DsRは超人気。朝一に訪れても60分待ちとなるほどだ。

 

ニコンブース。特に目玉的な展示やニュースはなかったが、試写は安定の人気を誇っていた。

ニコンブース。特に目玉的な展示やニュースはなかったが、試写は安定の人気を誇っていた。

 

パナソニックの話題と言えば、やはりCM1。日本では限定2000台とのことなので、発売日で売り切れ必至か。とにかく、CP+で試しておこう。

パナソニックの話題と言えば、やはりCM1。日本では限定2000台とのことなので、発売日で売り切れ必至か。とにかく、CP+で試しておこう。

 

カシオブースでは、往年の名機QV10カラーのFR10を参考展示。QV10ファンは感涙モノだ。

カシオブースでは、往年の名機QV10カラーのFR10を参考展示。QV10ファンは感涙モノだ。

 

ドローンでお馴染みのDJIは、なんとマイクロフォーサーズに参加を表明。このINSPIRE 1に搭載される予定。4K動画も撮れるとのこと。

ドローンでお馴染みのDJIは、なんとマイクロフォーサーズに参加を表明。このINSPIRE 1に搭載される予定。4K動画も撮れるとのこと。

 

日本カメラ博物館のコーナーでは、デザインが変わったカメラを展示。いわゆる使い捨てカメラもこれだけのバリエーションがある。芸能人やキャラクターを使ったのが豊富。ほかにも企業コラボものなども。

日本カメラ博物館のコーナーでは、デザインが変わったカメラを展示。いわゆる使い捨てカメラもこれだけのバリエーションがある。芸能人やキャラクターを使ったのが豊富。ほかにも企業コラボものなども。

 

こちらも日本カメラ博物館コーナー。缶ジュースに模したカメラ。

こちらも日本カメラ博物館コーナー。缶ジュースに模したカメラ。

 

CP+2015ホームページ

************************

MonoMax3月号、大好評発売中です!

4910187490357

付録はマンハッタン ポーテージのバッグインバッグ

ueb_50171

全国のコンビニ・書店でお買い求めください!

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月7日(金)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから