発売以来のデザイン一新! Macの最新作を触ってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部/柚木

iPhone4、iPadと立て続けにビッグニュースが続くアップル。
昨日は「Mac mini」が新しくなって発売されました。
R0014181

ご覧の通りMacBook Proなどと同じく、アルミニウム筐体。
いまのアップルの流れと同様に、
1枚のアルミから削りだしたユニボディを採用しています。

約5年ぶりの大幅なデザイン変更とのことで、
筐体はもちろん、細かいところまで一新。

早速、今日アップルに赴き触ってきました。
特徴をレポートします。


まずはこちら。

R0014172

電源アダプタを筐体の中に内蔵してしまったので、
外部の電源アダプタの必要がなくなりました。
本体から電源まで細いケーブル一本でダイレクトにつながります。

R0014171

背面のカーブの部分にメイン電源が配置されています。
このカーブの部分にあえて配置したことに、
職人的こだわりを感じたのは僕だけではないはず。

R0014178

SDカードスロットも搭載。
背面もすっきりデザインされ、目をつぶって触ると、
ユニボディとの狭間がわからないほど滑らかなさわり心地。

R0014174

本体をひっくり返すと、ターンテーブルのようなフタが現われます。
これを開けると。

R0014175

筐体の中まで美しくデザインされていることがわかります。
開閉できることにより、メモリの増設が可能となりました。

HDMIポートもついているので、ハイビジョンテレビとも接続可能。
個人的にはリビングのメインPCをテレビにつなぐMac miniとし、
各部屋へはiPadを持ち歩く…というスタイルが機能的かもと考えました。
問題は、わが家がワンルームであるということですが……(笑)

詳しくはこちらへ。

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

【売り切れも出てきた!】マーモットのショルダーバッグ、ぜひお…