• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(月)
1136円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

PRコロンビアスポーツウェアジャパン

コロンビアのオムニヒートジャケットならアウトドアでも毎日の通勤でも−20℃の世界でも快適なんです!

NASAのエマージェンシーブランケットにインスパイアされ誕生した、コロンビア独自開発の保温技術「オムニヒート」
簡単に説明すると「体の熱を利用してウエア内を温かく保つテクノロジー」のこと。
コロンビア columbia オムニヒート omniheat ダウンジャケット ロックフォール

アルミニウムをドット状に配した反射素材をウエアの裏地に使用することで、体の熱が反射され高い保温力が生まれます。
一方、生地本来の透湿性は妨げないので衣服内の蒸れも少なく、静電気も抑えられるというメリットもある、とっても魅力的なテクノロジーなんです。

オムニヒート誕生10周年を記念して新作が登場!

鳥の羽毛(ダウン)という自然界からの恵みと、体の熱を反射させる裏地素材(オムニヒート)の融合。
このふたつの性能により保温性が格段にアップする革新的なダウンジャケットが、オムニヒート誕生10周年を機に登場しました。

コロンビア
ロックフォール ダウンジャケット カモフラ
コロンビア columbia オムニヒート omniheat ダウンジャケット ロックフォール

¥25,000(税別)
ヒノキの森林をベースにしたトラディショナルなカモフラ柄。フラップ付きのポケットはサイドからもアクセスできる2重構造になっている。中わたには550フィルパワーのダウンを使用している。

早速、その保温力の高さを検証したいと思います。

まずは-20℃の世界でその実力を検証!

一般的なダウンジャケットとオムニヒート搭載ダウンジャケットを用意。
それぞれのジャケットを着用して−20℃の業務用の大型冷凍庫にそれぞれ5分いた場合、体温にどれだけの差が出るのかを実験します。
いったい、どれだけの温度差が出るのでしょうか?
コロンビア columbia オムニヒート omniheat ダウンジャケット ロックフォール
暖色系の色がついている部分が温度の高いところ。
結果は見ての通り、胸元からお腹周辺にかけてオムニヒート搭載ジャケットの圧勝
これにはスタッフからも驚きの声があがりました!
コロンビア columbia オムニヒート omniheat ダウンジャケット ロックフォール

ちなみに、10周年を迎えたオムニヒート。
その技術はエベレスト登山でも活躍しています。
コロンビア columbia オムニヒート omniheat ダウンジャケット ロックフォール

2013年にエベレストを登頂した国際山岳ガイドの近藤謙司氏率いる「WIN THE SUMMIT Project Team COLUMBIA」。
彼らが着用していたのは、今年10周年を迎えたオムニヒート搭載ウエアだったのです。
極限の環境にも耐えられることを、まさに体現しています。

デザインも秀逸。どんなシーンでも使いやすい!

こちらのロックフォール ダウンジャケット、温かさを追求したハイテク技術を搭載しているものの、デザインはシンプルで誰にでも着こなしやすい点も大きな特徴です。
コロンビア columbia オムニヒート omniheat ダウンジャケット ロックフォール

コロンビア
ロックフォール ダウンジャケット ブラック
コロンビア columbia オムニヒート omniheat ダウンジャケット ロックフォール
¥25,000(税別)
マットで上品な風合いながら表地はナイロン100%。胸もとの刺繍や各種パーツは同系色でまとめられ、タイトな着用感で着膨れすることもないのですっきりと着こなすことができる。同色ながら光沢のあるスポーティなタイプもあり。

しかもフード部分だけを簡単に着脱できるので、カジュアル~ビジネスシーンまで幅広く着用することができる、つまり、購入したその日から寒い冬のヘビロテ・アイテムになってしまうんです!
コロンビア columbia オムニヒート omniheat ダウンジャケット ロックフォール

カラー展開においても、定番のブラックだけでマット系と光沢系の2種類を用意。
コロンビア columbia オムニヒート omniheat ダウンジャケット ロックフォール
マット系はシックで落ち着いた雰囲気、光沢系はストレッチ性があり背面にはロゴがプリントされたスポーティな仕上がりと、選ぶ楽しさも用意されています。
ちなみに、光沢系(ブラック、グレー、レッド)はすべて背面にロゴが配されており、同じモデルでも後ろから見たときに少々雰囲気が違うのは画期的な試みといえそうです。

コロンビアはエベレストの登頂に使われるほどのアウトドアブランドですが、このジャケットの使用シーンは冬キャンプなどのライトなアウトドアからタウンユースまでとあくまでも日常使いがメイン。
コロンビア columbia オムニヒート omniheat ダウンジャケット ロックフォール

それだけに長く愛用することができます。
しかも、これだけの機能を盛り込みながら税別2万5000円という驚きのプライスを実現させています。
今年の冬は、ロックフォール ダウンジャケットで決まりですね!

商品に関するお問い合わせはコロンビアスポーツウェアジャパン
TEL:0120-193-803
https://www.columbiasports.co.jp/

この記事をシェアする

今月の特別付録

monomax モノマックス 12月号 付録 特別付録 マーモット marmot ショルダーバッグ

マーモットのショルダーバッグは3つのポケット搭載で使いやすさ…