透過ミラー搭載!高速連写と高速AFがスゴイ「α33・α55」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20100824_017

(ライター・岡安学)

本日、某所にて
ソニーのデジタル一眼レフカメラ
αシリーズの新商品発表会がありました。

秒間10コマの高速連写や
高精度・高速オートフォーカスを実現した
エントリーモデルです。

ミラーレスではないですが
透過ミラーを使うことで
ミラー駆動のの時間を大幅に削減。
動画撮影中にも位相差検出方式の
オートフォーカスが作動し
高速かつ高精度なピント合わせができる
AVCHDフルハイビジョン動画も撮影できるとのこと。

夜間撮影が手持ちでも
手ブレやノイズを低減する
手持ち夜景モードや
左右に振るだけで3D写真が撮影できる
3Dスイングパノラマ機能、
横持ちだけでなく、縦持ちでも力を発揮する
バリアングル液晶の搭載、
GPS機能の内蔵など
コンデジやビデオカメラで搭載されている
便利機能も満載。

NEXシリーズほどではないが
エントリーモデルらしい
小型で軽量なボディを実現。
持ち運びしやすく、扱いやすい。


α33・α55
価格:α55ボディ・¥90,000前後/α55ズームレンズキット・¥95,000前後/α55ダブルズームキット・¥115,000前後/α33ボディ・¥75,000前後/α33ズームレンズキット・¥80,000前後/α33ダブルズームキット・¥100,000前後
発売日:9月10日予定

PIA0001002909α33
●有効画素数:1420万画素
●ファインダー:0.46型電子式ビューファインダー(115.2万ドット)
●液晶モニター:3.0型ワイド(92.1万ドット)
●サイズ:W124.4×H92×D84.7mm
●重さ:約492g

PIA0001002904α55
●有効画素数:1620万画素
●ファインダー:0.46型電子式ビューファインダー(115.2万ドット)
●液晶モニター:3.0型ワイド(92.1万ドット)
●サイズ:W124.4×H92×D84.7mm
●重さ:約500g

20100824_019
透過ミラーを使ったトランスルーセントミラー・テクノロジー。
光を通す透過ミラーは、一部の光を反射させて、オートフォーカスセンサーとイメージセンサーに同時に光を当てる。

003
ミラー部のアップ。
ミラーは下がっているが、
背景の花が透過して見えるのがわかる。

20100824_023

会場ではBMXを駆るアスリートが登場。
素早い動きでも
秒間10コマの連写でしっかりと撮影。
ハイビジョン動画の高速フォーカスも
体験できた。

ソニーホームページ

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月9日(月)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

MonoMax モノマックス ナノ・ユニバース nanouniverse nano 工具セット 付録

雑誌付録の常識を変えた!? ナノ・ユニバース 工具セットは一…