MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(木)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

バイクライドの良き相棒に!

コンパクト&軽量を追求したヘルメット

 バイクに乗る際、快適性や安全性、そして疲労度の軽減と数々の恩恵をライダーに与えてくれるアイテムが”ヘルメット”。速度域の高いバイクに乗るライダーほど、そのこだわりも強くなる。帽体が小さく、軽量になればなるほど、ライダーの負担は減るが、強度を落とすと、万が一の際の防護性を失ってしまう。コンパクトで軽く、そして強度にも優れるのが理想。その全てを追求し、作り上げられたヘルメットが3月に登場する。それがSHOEIの新作「Z-8」。コンパクト&軽量をコンセプトとし、これまで多くのライダーたちの人気と信頼を勝ち取ってきたZシリーズの新作となれば、人気となることは必至!デザインもシンプル&スポーティで、幅広いバイクにマッチする。スポーツライドはもちろん、街乗りやツーリングシーンでも快適かつ安心して走りを楽しむことが可能。新たにバイクを購入された人や春に向けて新調を考えている人、また軽くて快適なヘルメットを探している人等、現在ヘルメットの購入を検討中の人は、是非その候補に入れて欲しいモデルとなっている!

風の流れを活かしたエアロフォルム

 

 前モデルと同じく、コンパクトなフォルムを追求、サイドの特徴的なカットラインも踏襲。シェルの剛性を高めるとともにコンパクトながらも高い安全性を保ち、スポーティさも表現したシェル(帽体)デザインとなっている。また、大型風洞設備で開発研究を重ねて蓄積されたデータ、そしてこれまで培ってきたノウハウをつぎ込み、前モデルよりも高い空力性能を実現している。

新シールドロックシステムを採用

 ヘルメットに装備するシールドは、スポーティなモデルにフィットする精悍さを表現するとともに、2次曲面形状の新開発CWR-F2シールドを採用。部位によっての曲率や厚みを最適化して光学特性を高め、歪みを最大限に抑えてクリアな視界を実現している。また、シールドの不意な解放を防ぐロック機構には、ワンアクションで簡単に操作が可能なセンターロックシステムを採用。操作性の向上とともに、シールドと窓ゴムの密着性も高められている。その他、シールド調整レバーをダイヤルからレバーに変更して操作を楽にしたり、シールドの曇りを防ぐPINLOCK®レンズを装着するPIN部分を後方へ移動させてより広い側方の視界も確保している。

静かさと涼しさで性能の高さを証明

 

 CWR-F2シールドに装備されたボーテックスジェネレーターは、ライダーの耳に近いシールド横の走行風の乱れを抑えて風切り音を低減。またシェルサイドのカットライン部分に位置するチークパッドと衝撃吸収ライナーが首まわりを包み込むようにフィットして風の進入を防いでくれる。そしてライダーの多くが重要視するベンチレーションの性能もアップ。前モデルより風を取り込むエアインテークホールを1ヶ所増やし、形状も工夫、吸気と排気の効率を高め、換気性能をアップさせるとともにバランスの良いシステムとなっている。

被り心地も向上&緊急用ヘルメット取り外しシステムを搭載

前モデルで高い評価を得た各パーツ毎に異なる生地を使用するハイブリッドの内装を採用。汗をかきやすい部分には吸湿速乾性に優れる生地、ヘルメット着脱時に肌と擦れる部分には柔らかな起毛生地が使用されている。また、新設計のチークパッドは、着脱性を高めると同時に下端にボリューム感を持たせ、首周りをソフトに包みこんで心地よいフィット感を作り出し、音の進入も防ぐ構造となっている。そして、ライダーが救護を必要とする万が一の事態に備えた、第三者による救護活動や迅速に行える緊急用ヘルメット取り外しシステム「E.Q.R.S.」も搭載されている。

Z-8

価格:¥56,100(税込)

サイズ:XS(53)/S(55)/M(57)/L(59)/XL(61)/XXL(63)cm

カラー:ルミナスホワイト、ブラック、マットブラック、バサルトグレー、マットブルーメタリック、マットディープグレー、ワインレッド

【問い合わせ】

SHOEI TEL.03-5688-5180

ホームページ 

https://www.shoei.com/products/helmet/fullface/z-8/

取材・文/安室淳一 写真提供/SHOEI

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

ロゴスが本誌付録に初登場! いろんな場所に吊り下げられる10…