MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月8日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

PRロボロック

最新ロボット掃除機「ロボロック S7+/S7」ならおうち時間をブラッシュアップできる!

ロボロック「Roborock S7+」

たった1台でゴミ吸引と水拭きをしてくれるロボロックのロボット掃除機に、待望の新モデルが登場! 初のスマート自動ゴミ収集ドックが付いて、おうち時間をもっと快適にしてくれます。

ライターが実際に使ってみて、その実力を検証してみました!

ロボロック「Roborock S7+」

ロボロック「Roborock S7+」¥169,400(税込)  ※ヤマダデンキ独占販売で下取りキャンペーン中

【魅力01】掃除機としての基本スペックがものすごく優秀!

ロボロック「Roborock S7+」ゴミ吸引

ロボロック「Roborock S7+」ゴミ吸引

ニューノーマル時代のキーワード“おうち時間”。いかに自宅を過ごしやすくするか?が注目されていますが、今回「ロボロックS7+」を使ってみて効果の絶大さを痛感しました。パワフルな吸引力&新メインブラシでしっかりゴミを取ってくれて、ともかくも掃除機として基本性能がズバ抜けて高いんです。

3Dに動くラバー製メインブラシを採用!

このモデルから、絡まった毛も取り除きやすい新型のラバー製メインブラシを搭載。さらにちょっとした凹凸にも対応するよう3D機構を採用し、細かいゴミもしっかり吸引してくれます。

水洗いもしやすくていつでも清潔に保てる!

ロボロック「Roborock S7+」は各パーツの水洗いが可能

掃除機本体のダストボックスやフィルター、モップ、ドックのゴミ収集ボックスやフィルターは水洗いが可能で、いつでも清潔にしておけます。メインブラシの分解掃除も可能です。

ロボロック「Roborock S7+」各種スペック

業界最高クラスの吸引力や、他社製品の2-3倍はあろうかというバッテリー容量など、そのスゴさは各数値でも表れています。

この他にも次のような先進機能を搭載しています。

  • チャイルドロック機能
  • スマートスピーカー対応
  • 進入/ 水拭き禁止エリアの設定
  • フロア別マップ保存
  • スマホアプリとの連動
  • 12種類の音声案内

ロボロック ロゴ

そもそも「ロボロック」は、急成長を遂げるロボット掃除機メーカー。2014年に中国・北京で創業し、2020年には上海証券取引所にも上場するなど急成長を遂げています。品質管理も徹底し、これまで世界40カ国以上に800万台以上を販売した実績を持つほど。だから、基本性能もしっかりしているんです。

 

最新ロボット掃除機「ロボロック S7+/S7」
詳細はコチラ!
https://www.roborock.jp/

【魅力02】ゴミ掃除も水拭きもこれ1台でOK! しかも強力&賢いからお掃除を完全におまかせできる!

高速振動&高加重でしっかりモップがけできる!

ロボロック「Roborock S7+」水拭きの様子

ロボロックのロボット掃除機は、1台でゴミの吸引と水拭きを兼備する2in1モデルなのがうれしいところ。やっぱり水拭きまでしてくれるのとそうでないのとでは、裸足で歩いたときの気持ちよさが大違い。起床直前に掃除する設定にしたところ毎朝床がピカピカで、一日を清々しく迎えることができました(就寝前、床に置かれたモノを片付ける習慣も身につきました)。

ロボロック「Roborock S7+」モップが高速振動

モップ中心部は毎分最大3000回の高速振動で、さらに加重を従来製品比2倍の600gに強化。しっかりと床に押し付けることができるので、こびりついた汚れも拭き取ってくれます。

ロボロック「Roborock S7+」モップ部の取り外しも容易

本体がドックに格納された状態でも、モップクロスマウントの取り外しが可能。洗って清潔に保てます。

掃除ルートはいつでもスマホで確認できる!

ロボロック「Roborock S7+」室内をマッピング

高精度レーザーセンサーと独自アルゴリズムで室内を高精度マッピング。

ロボロック「Roborock S7+」はスマホと連動して使える

動きの確認や進入/水拭き禁止エリアの設定などをスマホアプリで行えます。このほかにも吸引力や水拭き強度といった掃除方法の設定、スケジュール予約、リモート操作、これまでの履歴など、iOS / Androidに対応したスマホアプリで実行可能。視覚的でわかりやすいんです。

カーペット検知でモップが自動で持ち上がり吸引掃除モードに移行してくれる!

ロボロック「Roborock S7+」はカーペットを自動認識

驚いたのが、カーペットの上にくると水拭きをやめてゴミの吸引だけを行うよう自動で切り替わるところ。カーペットまで水拭きしてベチャベチャに……なんてことを回避できるんです。

ロボロック「Roborock S7+」はモップが自動で持ち上がる

この機能を実現しているのが、モップ部分を5mmほど自動で持ち上げられる仕組み。超音波センサーでカーペットを自動認識して、毛足4mm未満のカーペットの上にくると自動でモップを持ち上げてゴミ吸引だけを実行。毛足4mm以上なら進入を回避するよう設定できるんです。

ロボロック「Roborock S7+」はカーペットの毛足の長さで行動を変えられる

最新ロボット掃除機「ロボロック S7+/S7」
詳細はコチラ!
https://www.roborock.jp/

【魅力03】スマート自動ゴミ収集ドックがあるから約2カ月もの間メンテナンスフリーで大丈夫!

ロボロック「Roborock S7+」のスマート自動ゴミ収集ドック

ロボロック「Roborock S7+」のスマート自動ゴミ収集ドック

今回、初搭載されたスマート自動ゴミ収集ドック。ロボット掃除機本体からゴミを吸引し、約60日分ものゴミを溜められるから、“ゴミ捨ての煩わしさ”まで大きく低減してくれます。

さらには、名前通りにスマートな機能を備えていました。

紙パック式とサイクロン式、どちらでも選べるうれしい2WAY仕様!

ロボロック「Roborock S7+」はゴミ収集ボックスをカンタンに持ち上げられる

ゴミ収集ボックスは紙パック式とサイクロン式、どちらでも選べる2WAY仕様。好みや生活のスタイルに合わせて選択できます。

【紙パック式】アレルギーケア対応の紙パックを装着可能。ゴミ捨ての際もホコリが舞い散る心配が少ない。

【サイクロン式】まるごとの水洗いが可能だから、いつもきれいに。紙パック代不要で家計も助かる。

ロボロック「Roborock S7+」はゴミ捨てもカンタン

ゴミの処理もカンタン。サイクロン式なら、ラッチをワンプッシュするだけでOKです。

ゴミを自動収集しない時間帯も設定可能! 部屋の広さで収集時間の調整もできる!

ロボロック「Roborock S7+」のドックはゴミを吸引する時間帯を設定できる。

掃除機本体からゴミを自動収集しない時間帯を選べるので、「就寝時は静かに」など設定可能。また、収集時は実際に掃除した時間に合わせた自動モードや、部屋の広さに合わせた計4モードに変更できます。

高性能HEPAフィルター搭載だから排気もキレイで安心!

ロボロック「Roborock S7+」は高性能HEPAフィルターを採用

ドック部に内筒フィルターと高性能な外筒 H13 HEPAフィルターを採用。微粒子を99.9%吸引することが可能で、掃除機本体からゴミを自動収集するときの排気もクリーン。水洗いも可能で清潔に保てます。

ゴミ収集ドックなしの「S7」もある!

ロボロック「Roborock S7」

ロボロック「Roborock S7」各¥129,800(税込)

より安価に導入したいなら「S7」モデルという選択肢も。スマート自動ゴミ収集ドックがないだけで、各種先進機能を搭載している点は同じです。

 

さまざまな便利機能を備えた「S7+」。これ一台あれば、おうち時間がブラッシュアップすること間違いなしです。

 

 

ロボロック
0120-992-878(平日10:00-17:00)
https://www.roborock.jp/

取材・文/横山博之 撮影/植野淳(植野製作所)

モノマックスの記事をシェアする

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,豪華付録,ジムニー,ミニチュア,収納ボックス

【特別付録】タイヤ付きでコロコロ動かせる!あのSUZUKI …