MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

これがビクトリノックスのカバンの新定番! 新コレクション「アーキテクチャー アーバン2.0」は機能もデザインも秀逸!

ビクトリノックスは、プレミアムクラスのビジネスバッグとバックパックの新たなスタンダードとなる「アーキテクチャー アーバン2.0」コレクションをローンチ。
ビクトリノックス,カバン
全国のビクトリノックス直営店およびビクトリノックス公式オンラインストア楽天市場店、Amazon店にて、2022年2月4日(金)より販売を開始します。
ビクトリノックス,カバン

左から)
「デラックス バックパック」3万9600円/W31×H46×D23㎝
「ブリーフケース」3万5200円/W42×H31×D13㎝
「2ウェイ キャリートート」3万8500円/W40×H40×D15㎝
「メッセンジャー」2万8600円/W41×H29×D14㎝
「シティ バックパック」3万3000円/W30×H42×D19㎝


コレクションを構成する5種類のアイテムはすべてのバッグは外側が高密度フォームで保護されており、
内側のデバイスコンパートメントは伸縮性のあるファブリックで閉じることができます。

ファスナーは下まで大きく開く位置にあり、中身の出し入れが常に簡単に行なえます。

抗菌裏地にはSILVADURテクノロジー加工を施しており、雑菌の増殖を防止。40回洗っても、その効果は損なわれません。
メインのファブリックは撥水性や耐摩耗性に優れ、コットンのような柔らかな手触りとツートーンの視覚効果を備えています。

さらに、すべてのバッグに、一部のポケットの止水ジッパー、メインコンパートメントのマグネット式ジッパーカバー、イヤホン用のサウンドポケットを装備。
バックパックはメインコンパートメントのロック付きジッパー、地面への接触を最小限にするリベットを底に備えています。

5つのスタイルのどれを選んでも、多忙なスケジュールで働く方の理想の相棒となること請け合い。
自宅からオフィスまで、車、自転車、公共交通機関、徒歩と、どんな通勤スタイルでも快適に持ち運ぶことができますよ。

ビクトリノックス公式サイト

構成/編集部

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

バッグとポーチが便利すぎ! 超豪華な3点セットが1冊に1つ付いてくる!

バッグとポーチが便利すぎ! 超豪華な3点セットが1冊に1つ付…