MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

モノマックス6月号 通常号

最新号のご案内

モノマックス6月号 通常号

2022年5月9日(月)
特別価格:990円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

マクスゼンの「温調機能付電気ガラスケトル」は約12時間保温できるスグレモノ!

MOR STOREが手掛ける自社家電ブランド・maxzen(マクスゼン)は、「温調機能付電気ガラスケトル(JKT10MT01)」の販売を開始しました。

「温調機能付電気ガラスケトル(JKT10MT01)」オープン価格/1ℓ

「温調機能付電気ガラスケトル(JKT10MT01)」は、沸騰モードだけでなく、40~90℃の4段階で約12時間保温できるスグレモノ。
水温センサー付きのため、設定した温度を下回ると自動で再加熱し設定温度を保ちます。
90℃が適温のコーヒーを入れる際や、70℃が適温の粉ミルクを溶かす際など、使いやすい温度でお湯を備えることができて便利です。

■沸騰モード

ケトルをセットし電源ボタンを押すと加熱がスタートし、沸騰後は自動で電源がオフになります。

■保温モード

ケトルをセットし電源ボタンを押すと加熱がスタートし、設定温度に達すると保温が始まります。
保温時間は設定後約12時間で、水温が低くなると再び加熱します。

■保温性の高い2重構造のガラスボディ

ケトル本体はガラスとプラスチックの2重構造で、お湯が沸騰した後に電源が切れても、お湯の温度が冷めにくい設計です。
また、透明なガラスボディは中身が見えるため、水量や沸騰具合が一目で分かります。
余ったお湯や、ケトル内部の汚れが見えるため衛生的に使えます。
加えてプラスチック製のケトルで起こりやすい、お湯への臭い移りがありません。

■ガラス天面で使いやすいスタンド

スタンド天面はガラス仕上げになっているため、ほこりや油汚れなど、気になる汚れをさっと拭き取れてお手入れが簡単です。またどの角度からもケトルをセットできるため、向きを気にする煩わしさがありません。裏面にはコードホルダーがついており、余分なコードをすっきり収納できます。

■自動電源オフ

沸騰後は自動で電源がオフされます。LED付きなので、沸騰が完了すると光が消えてお知らせします。

■空焚き防止
空の状態でスイッチを入れると自動で電源が消えます。

=詳しい情報はココをチェック!=
マクスゼン公式サイト
http://maxzen.jp/

構成/編集部

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

トラディショナル ウェザーウェア 大容量長財布

もう、悩まない! たっぷり入る収納力と取り出しやすさを追求し…