MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

PRルノー・ジャポン

驚異的な燃費性能は輸入車No.1! ハイブリッドシステムを得たルノー ルーテシアの魅力とは!?

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

コンパクトなハッチバックの中で最も大人っぽくて艶やかな、ルノー ルーテシア。加えて初めてでも乗りやすいサイズで実用的。そんなクルマとしての素性のよさを持ちつつ、全方位的にさらなる満足感の高さを追求しているモデルがルーテシアなのです。

ひと言でいえば、手抜かりなし。昨年のフランスで全車中2位、欧州で4位という販売台数は、それが評価された証。誰だって“よりいいモノ”が欲しい、ってわけですね。そんなルーテシアの魅力をお伝えします!

ルノー/アルピーヌF1由来の走りがすごい!

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

ガソリンモデルはすでに発売され好評価を得ているルーテシアですが、ハイブリッドモデルが追加されました。それもルノー/アルピーヌ F1由来の技術やデータを盛り込んだ、実に凝ったメカニズムを持つ独自のシステムが投入されています。

排気量1.3ℓターボのモデルも十分に爽快なのですが、エンジンとモーターの両方を絶妙にマネージメントするこのシステムのおかげで、こちらの走りは街中のスタートダッシュから高速道路まで満遍なく一枚上手。曲がりっぷりもかなりスポーティです。ストレスなく本当に気持ちいいクルマなのです。

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

ハイブリッドモデルらしくセンターコンソールに備わる「EV」のスイッチを押すと、EVモードでの走行が可能です。

パリの美意識が香る官能的なデザインフォルム

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

ストレスなく本当に気持ちいい走りは、ルーテシアならではのパリの美意識薫るスタイリングとともに堪能できるわけです。

曲面が巧みに組み合わせられて形づくられるフォルムは、こうしたいわゆる実用車にしては珍しく、ずっと眺めていたくなるような美しさ。官能的、といっていいほど。

それがほぼ日本の5ナンバーサイズという極めて扱いやすいサイズで表現されているところにも注目です。

デザインも質感もクラスを超えた上級仕様

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

同じことはインテリアについてもいえるのです。車内のデザインも質感もひとクラス上のクルマのよう。

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

シートも快適。装備類も充実しており、大人の日々の暮らしのパートナーにふさわしい作りとなっています。身体が接する部分、目に入る部分をおろそかにしない。フランスらしい考え方ですよね。

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

1.2kWh の駆動用バッテリーは後席下にレイアウトされているため、ラゲッジスペースに影響はありません。そのため深さがあるので、高いモノでも積めます。後席は分割可倒式なので長いモノでも問題なし。

最新の運転支援システムで安心ドライブをサポート

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

運転支援システムも充実しています。欲しい機能が標準で備わっているのが強みです。

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

特にハイブリッドモデルはストップ&ゴー機能付きのアダプティブクルーズコントロールとレーンセンタリング&キープアシストを組み合わせたハイウェイ&トラフィックジャムアシストなど、ラインナップの中で最新にして最多の機能の数々が与えられています。

大型モニターはタッチパネル式で機能も充実

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

それに今は基本といえるダッシュボードのモニター。ルーテシアには7インチのタッチパネル式が備わっています。ここでは運転モードをはじめ、クルマ各部のセットアップができるほか、スマホをミラーリングしてナビをはじめとする各種アプリを便利に使うことができます。使い慣れたスマホを操作して、音楽を楽しんだり、ナビゲーションシステムを利用することができます。

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

センターコンソールにはType-AのUSBポートを2つ備えています。

輸入車No.1は間違いなく買い!

繰り返しになりますが、ルーテシアは従来のガソリンモデルでも十分に満足度の高いコンパクトカー。その走りの部分をさらに気持ちよく楽しく快適に磨き上げたのが、ハイブリッドモデルのE-TECH。しかもこのモデル、実は燃費性能が輸入車No.1なんです。

ガソリンモデルと比べると高価ではありますが、このクラスで停まっていても走っていても最も上質といえるクルマです。ルーテシアから、いや、このクラスから一台選ぶなら、間違いなくコレですね。

ルノー ルーテシア 輸入車燃費No.1  モノマックス MonoMax Renault Lutecia

ルノー ルーテシア ETECH HYBRID
¥3,290,000~(税込)

[主要諸元]ハンドル:右 全長×全幅×全高(mm):4,075×1,725×1,470 エンジンタイプ:自然吸気 直列4気筒DOHC16バルブ 総排気量:1.597L 最高出力(ECE):67kW(91PS*参考値)/5,600rpm 最大トルク(ECE):144N・m(14.7kgm)/3,200rpm トランスミッション:電子制御ドッグクラッチマルチモードAT メインモーター:交流同期電動機【最高出力(ECE):15kW(20PS)/2,865-10,000rpm 最大トルク(ECE):50N・m(5.1kgm)/200-2,865rpm】 電力用主電池:リチウムイオン電池 使用燃料:無鉛プレミアムガソリン 燃料消費率(WLTCモード):25.2km/L

ルノー・コール
TEL:0120-676-365
https://www.renault.jp

取材・文/嶋田智之 撮影/山本佳吾、横澤靖宏

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

990円で万能すぎる! カリマーの「折りたたみテーブル」は野外でもおうちでも大活躍!

990円で万能すぎる! カリマーの「折りたたみテーブル」は野…