MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    国産機械式で5万円以下! KENTEX(ケンテックス)のブルーインパルス限定モデル!

    国産の機械式時計メーカーのケンテックスジャパンは、2022年7月22日(金)、防衛省自衛隊幕僚監部協力により製品化される自衛隊時計(JSDF WATCHシリーズ)から、ブルーインパルスの2022年最新モデル「JSDF Solar Pro ブルーインパルス」の一般販売を開始しました。
    monomax,モノマックス,ケンテックス,ブルーインパルス,限定,国産

    「JSDF ソーラープロ ブルーインパルス」4万9500円/ソーラー発電/41㎜径/10気圧防水/1960本限定

    monomax,モノマックス,ケンテックス,ブルーインパルス,限定,国産
    ブルーインパルスは、航空自衛隊第4航空団に所属する、日本で唯一のアクロバット飛行隊のこと。
    ケンテックスは、2004年より航空自衛隊幕僚監部協力の下、ブルーインパルス仕様の自衛隊腕時計を継続的に開発しており、このたび登場するモデルは、歴代18作目となります。
    monomax,モノマックス,ケンテックス,ブルーインパルス,限定,国産
    時計盤面には、航空自衛隊を意味するJASDFマークとともに、6時位置にブルーインパルスの公式エンブレムと、12時位置には現役で活躍する機体であるT-4のデザインをレイアウト。
    全てのエンブレムとマークは、航空自衛隊幕僚監部から提供されたものを使用しており、防衛省共済組合登録商品にふさわしい誇り高きダイヤルデザインといえます。
    外装は、ミラーとヘアラインを組み合わせたシルバーのSUS316Lステンレスに、ブルーPVD加工が施されたベゼルとリューズのコンビカラーで、ブルーインパルスの世界観溢れるカラーに仕上がっています。
    1/20秒単位での時間計測が可能なクロノグラフを搭載し、ベゼルにはフライトコンピュータ(回転計算尺)を搭載。
    速度計算や、燃料計算が可能な本格パイロットウォッチ仕様となっている点は、航空自衛隊モデルならではの専用設計です。
    monomax,モノマックス,ケンテックス,ブルーインパルス,限定,国産
    裏蓋には、現役で活躍するブルーインパルスの機体「T-4」のデザインとともに、限定生産のシリアル番号を刻印。
    1960本限定は、ブルーインパルスの創設年にちなんだとのこと。

    時計本体に加えて、本モデルには強度・軽量性・耐水性に優れ、軍事用にも使用されるCORDURAナイロン製のNATOベルトも付属。
    ベルトは、専用ツールが不要なワンタッチ方式で交換可能で、手軽にメタルベルトとNATOベルトの交換が楽しめる設計になっています。

    =詳しい情報はココをチェック!=
    ケンテックス公式サイト内製品ページ
    https://www.kentex-jp.com/watch/6300/

    MonoMax編集部

    MonoMax編集部

    カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

    Twitter:@monomaxweb
    Instagram:@monomax_tkj

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…