MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    最新キャプチャーボードが優秀!一眼レフと接続すればテレワークがさらに快適になる

    台湾のPC周辺機器メーカー・j5create(ジェイファイブクリエイト)は、利便性に優れたアダプター式の小型4K録画できるキャプチャーボード「4K キャプチャーアダプター JVA11」を9月2日より販売開始します。
    MonoMax,モノマックス,j5create,キャプチャーボード,テレワーク,ゲーム実況
    「4K キャプチャーアダプター JVA11」1万1500円/Windows 7/8.1/10/11、macOS 10.12 以降、Android 8.1 以降
    「4K キャプチャーアダプター JVA11」は、高性能チップを搭載して最大4K30fps高解像度録画できるキャプチャーボード。
    MonoMax,モノマックス,j5create,キャプチャーボード,テレワーク,ゲーム実況
    最大4K 30fps解像度の録画をサポートしています。
    入力HDMIの高画質映像をPCに転送して編集や録画やライブ配信をすることができます。
    高フレームレートに対応しており、最大フルHD120fpsの録画をサポートし、レース系やアクション系のゲーム録画に最適です。
    MonoMax,モノマックス,j5create,キャプチャーボード,テレワーク,ゲーム実況
    一眼レフやビデオカメラを接続して、PCで高パフォーマンスな録画やライブ配信ができます。
    WebカメラやノートPC内蔵カメラと違い、より本格的な動画制作も可能なので、VLOGやYouTubeにも利用できます。
    MonoMax,モノマックス,j5create,キャプチャーボード,テレワーク,ゲーム実況
    高性能チップを搭載し、HDMIソースとPCで反映している画面と比較してほぼ遅延が感じられません。
    通常ゲームプレイしながら実況配信する時に、無遅延のパススルーモニターを用意する必要がありますが、本機を使うことでモニターを用意しなくても、直接PCの録画画面でプレイすることができます。
    アクション系やレース系にも対応していますので、外出先で手元にモニターがない場合にでもすぐに実況できます。

    斬新なアダプター式のデザインで、PCに接続すれば使用可能。USBケーブルを別途用意する必要はありません。
    ゲーム録画はもちろんのこと、テレワークの利用場面でも活躍必至!
    一眼レフやビデオカメラを接続すれば、Webカメラより高パフォーマンスな映像でライブ配信とオンライン会議をサポートしてくれます。

    =詳しい情報はココをチェック!=
    j5create公式サイト
    https://jp.j5create.com

    MonoMax編集部

    MonoMax編集部

    カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

    Twitter:@monomaxweb
    Instagram:@monomax_tkj

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…