MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

2022/09/09 07:00PRJINS

JINS CLASSICがリニューアル! その内容がとにかくすごかった!

JINSの定番シリーズが一新! 古きよき美しさに現代のかけやすさをミックスし、誰もがお気に入りの一本を見つけられる幅広いラインアップも魅力的だ。今回はそのリニューアルの全貌を深掘りし、担当者にリニューアルの狙いを聞いた。

JINS CLASSICリニューアル
「JINS CLASSIC Bold」着用。アースカラーのコーデを引き締める。

JINSが追求する、これが真のオーセンティック

「JINS CLASSIC」は大きく5シリーズ。その中から、今回の目玉であるアセテート樹脂を使った3シリーズがこちら!

アセテートの素材使いを楽しむクラシックボールド

JINS CLASSICリニューアル

ジンズクラシックの中核を担う、重厚感あるアセテートフレームライン。太めのフレームはアセテートならではの色とツヤが楽しめる。フレームはボストン、ウエリントン、ラウンドなど全15型、ブラック、ブラウンデミ、クリアの3色。写真のボスリントンのみ20色展開。

JINS
JINS CLASSIC Bold
[UCF-22A-165]¥9,900(レンズ代込み)

性別問わずかけやすいクラシックスリム

JINS CLASSICリニューアル

アセテートを細身で繊細なシルエットに仕上げ、男性でも女性でもかけやすいデザイン。独立式の鼻パッドを採用し、鼻の高さに合わせて調整しやすいのが特徴。フレームは全8型、各3色。写真のボストンのみ20色展開。

JINS CLASSIC Slim
[UCF-22A-181]¥9,900(レンズ代込み) 9/15発売

 

顔に立体感を与えるメタルとのコンビ

JINS CLASSICリニューアル

なめらかなアセテートと輝くツヤのメタルを組み合わせたコンビフレームデザイン。異なる質感や色の組み合わせが醸し出すクラシックフレームらしい雰囲気が魅力。フレームは全9型、ブラック、ブランデミ、クリアの各3色。

JINS CLASSIC Combination
[UCF-22A-193]¥13,900(レンズ代込み) 10/13発売

ココに注目! JINS CLASSICリニューアル3大ポイント

最大のポイント! 光沢が美しいアセテート樹脂

JINS CLASSICリニューアル

フレームに使われているアセテートは自然由来の安全な素材で、独特のつや感となめらかな手触り、硬質な雰囲気が魅力。

1型で20色のカラーバリエーション

JINS CLASSICリニューアル

『JINS CLASSIC Bold』のボスリントンは20色展開。ブラック、ブラウンデミ、クリアの3色のほか、トレンドのクリアカラー、乳白色など旬な17色をラインナップ。

世界で一つだけのデザインが見つかる

JINS CLASSICリニューアル

ブラウンデミの模様は複数色の生地を練り込むことで、わざと不均一に仕上げられており、同じ模様は2つと存在しない。

JINS CLASSICリニューアル
「JINS CLASSIC Slim」着用。細フレームが優しい印象。リモートワークにもピッタリ。

 

細部がまたすごい!こだわりのディテール7ポイント

日本人の鼻の高さに合わせた緻密な設定

JINS CLASSICリニューアル

フレーム一体型の鼻あては日本人の平均的な鼻の高さに合う高さ。ここだけ透明なカラーを採用し、目立たなくする工夫もいい。

こだわりぬいた機能美

JINS CLASSICリニューアル

丁番を固定するピンを外側に見せるデザイン。機能的な意味をデザインに落とし込むこだわりだ。

重厚感あるクラシックさ

JINS CLASSICリニューアル

フロントとテンプルをつなぐ丁番は5枚。ボリュームを出すことでクラシックさを演出している。

見えない部分まで手の込んだ作り

JINS CLASSICリニューアル

テンプル内部の芯に彫金を施すこだわり。クリアだけでなく全カラーに彫金入りの芯が使われている。

日本人の骨格を研究して生まれた丸い空間

JINS CLASSICリニューアル

世界的に見て、日本人の頭蓋骨は丸みがある。『JINS CLASSIC』は、顔が入る空間を日本人に合うよう丸く設計している。

安定感あるかけ心地の追求

JINS CLASSICリニューアル

テンプルのデザインは少しすぼませ、耳にかかる部分を扇状にすることで、より安定感のあるかけ心地を実現している。

ゆがみを抑制する樹脂の厚み

JINS CLASSICリニューアル

メガネのレンズをはめこむ玉形の厚みは8mm、耳にかかるテンプルの厚みは6mm。フロントとテンプルをバランスよく厚くすることで、かけ心地をよくする設計になっている。

 

担当者が語る開発秘話。「幅広い人の生活に馴染む、オーセンティックな1本」

「JINS CLASSIC」の大規模リニューアルは、ボーダーレスをコンセプトにオーセンティックなデザインを追求した。この新モデルにどんな思いをこめたのか。企画開発マネジメントを担当した内海允斗さんに話を聞いた。

JINS CLASSICリニューアル

株式会社ジンズ 商品マーケティング本部 商品戦略部 MD課 シニアディレクター
内海允斗さん

「弊社は、常日頃お客様の声を聞き、それを商品開発や店舗サービスなどに反映しています。そのなかで、主に30~40代の男性から『JINSはメガネのクオリティは高いけどバリエーションが狭いので、なかなかお気に入りの1本に出会えない』という声が届きました。それならば、もっとバリエーションを増やしてお客様に選ぶ楽しさを感じてもらおうと考えたのが今回の企画のきっかけになります。その後、会議を重ね、オーセンティックを追求する方向でコンセプトが固まりました。

 発端は30~40代の男性ですが、商品を展開した際は若い方から年齢の高い方まで楽しめるラインアップにしたいという思いもありました。幅広い層に好まれるのはやはり王道だろう、そして高級感のあるオーセンティックなメガネを数多く揃えれば、その中から必ず気になる1本を見つけてもらえるはずだと。そのため、細部の作り込みにはかなりこだわりました。

 この完成度はメガネマニアの方にも満足してもらえるレベルと自負しています。ちょうど今のメガネのトレンドもクラシック路線ですが、それは企画を進めるうちに偶然重なりました。それにより、若い方がより手に取りやすくなったと思います。

 今回、多彩なラインアップにしたのは、お客様の選択肢を広げるという狙いもありました。幅広い方がご自分のスタイルに馴染む最上の1本を見つけて、お好きなように楽しんでもらえたら嬉しいです」

 

商品の問い合わせ JINS カスタマーサポートセンター☏0120-588-418

 

取材・文/金山 靖 撮影/村本祥一(BYTHEWAY) スタイリング/小林知典 ヘア&メイク/SHOTA モデル/Shogo

ライター/金山 靖

ライター/金山 靖

文房具、家電、インテリア、雑貨などライフスタイル系グッズに精通。商品の企画開発担当者をはじめ、タレントや文化人などへのインタビュー経験も豊富。カップ麺やお菓子などグルメ全般にも造詣が深い。

Twitter:@kuunelu5963

モノマックスの記事をシェアする

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

シューズ入れが使えすぎる! 大容量ボストンバッグが1冊に1つ付いてくる!

シューズ入れが使えすぎる! 大容量ボストンバッグが1冊に1つ…