MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

エンジンに磨きをかけたホンダの新型「シビック タイプR」究極のピュアスポーツ性能を追求した一台に!

執筆者:

新型「シビック タイプR」

 

キビキビ走るベイシックカーから50年!

新型『シビック タイプR」

2022年9月に新型「シビック タイプR」が発売となった。初代シビックは1972年に登場したモデル。当時は「キビキビ走る」というキャッチフレーズを掲げていたが、50年経ったいまでも走りに対するその基本的姿勢は変わらず、新型「シビック タイプR」はスポーツモデルの本質的価値である「速さ」と官能に響く「ドライビングプレジャー」が両立。究極のピュアスポーツ性能を目指したのだ。

新型「シビック タイプR」
ちなみに「タイプR」とは、F1への挑戦のスピリットを象徴する「チャンピオンシップホワイト」を専用のボディカラーとし、真紅のHondaエンブレム「 赤 バッジ」を纏うモデル。1992年に「NSX タイプR」がはじめてその名を冠し、1997年にはシビックからも「タイプR」が登場した。

エンジンをさらに磨きあげた新型「シビック タイプR」

新型「シビック タイプR」

先代モデルの2.0L VTEC TURBOエンジンの骨格をベースに、圧倒的な速さの追求。新型「シビック タイプR」はターボチャージャーの刷新などにより、最高出力243kW、最大トルク420N・mへと向上させた。
出力とトルクの向上を実現するとともに、運転に夢中になることができるような痛快なドライビングフィールを追求。さらに「タイプR」専用のデータロガー「Honda LogR(ホンダ ログアール)」を搭載し、クルマの機械的な運動情報などをリアルタイムに伝える。

新型「シビック タイプR」

フロントグリル開口面積を大きくし、ラジエーターの有効開口面積を48%拡大し、エンジンの冷却性能を向上。またミシュランと専用チューニングタイヤを共同開発。ミシュランの独自技術による特性の異なるトレッドコンパウンドを組み合わせることで、ウエット性能や耐摩耗性能を維持したまま、優れたドライグリップ性能を実現。旋回性能を高め車両パフォーマンスをより向上させた。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【トヨタのコンパクトHEV】一部改良のアクアに上質な特別仕様車「Z“ラフィネ(Raffine)”」が登場!

【ワイルドなクラウン!?】こうでなくちゃ!クラウン クロスオーバーに特別仕様車「 RS “ランドスケープ”」が登場

普通二輪免許で味わえるホンダの最高峰バイク、SHOEIの注目必至ヘルメット ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

プロが解説「対向車のハイビーム」急増中の理由、ホンダのSUV「ヴェゼル」が上質モデルに移行!? ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【限定200台のコンパクトSUV】自由な非日常を楽しもう!ジープ コンパスに限定車「ブラック シャーク」が登場

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!