MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    世界500個限定!?現代アーティストとコラボしたリモワ「イローデット スーツケース」に大注目

    RIMOWAは、2019年に現代アーティストのダニエル・アーシャムとコラボモデル第2弾「イローデット スーツケース」をローンチ。
    2022年10月7日(金)11時より、RIMOWA Store 銀座7丁目にてLINEを使用した抽選販売を予定しています。
    RIMOWAの「イローデット スーツケース」

    「リモワ × ダニエル・アーシャム “イロ―デッド ターンテーブル イン パイロット ケース”」
    ¥441,000(税抜き)/横50×縦42×高23㎝/ケース4.3㎏、彫刻作品 6.3㎏

    本製品は、2019年5月の登場時、大きな話題となったリモワとダニエル・アーシャムとのコラボレーションの第2弾。

    ダニエル・アーシャムは、アメリカで最も勢いのある現代アーティストの一人で、その活動は彫刻、インスタレーション、舞台デザインと多岐にわたります。
    アーシャムの作品は、彼の興味を掻き立てる“記録”や“建築”から生まれ、過去と未来の両方の要素を同時に採用することで、ロマンのある考古学とサイエンスフィクションの間を表現しています。

    1度目のコラボレーションの際、RIMOWAを訪れアーカイブでPilotケースを見たアーシャムが、その形状や機能性、そして時代と共に進化する用途に興味を持ちました。

    1994年に初めて発表され今回復刻したPilotケースは、1世紀の間にRIMOWAが磨き続けてきたアルミニウムの処理技術を駆使して製造されています。
    アーシャムグリーンのヴィンテージ風ロゴがケース全体を飾り、過去から発掘されたヘリテージケースであるような感覚を高めます。
    機能面に関しては、RIMOWAの最新のスーツケースと同じマルチホイールシステムやテレスコープハンドルを採用しています。

    パイロットの座席の後ろに完璧に収まることから、航空会社のスタッフたちの間でカルト的人気を得たPilotケースは、多くの90年代のミュージシャンやDJ達からもレコードなどを運ぶためのケースとしても使用されました。
    そういった歴史を踏まえRIMOWAがPilotケースを復刻させ、アーシャムとのコラボレーションが実現しました。
    RIMOWAの「イローデット スーツケース」
    「イローデット ターンテーブル」と名付けられた本彫刻作品は、アーシャムの「Future Relic」シリーズの他作品と同じく、未来のディストピア世界から発掘された日用品をイメージしており、石膏と砕いたガラスから作られています。
    RIMOWAの「イローデット スーツケース」
    作品を確実に保護するために、彫刻作品は取り外し可能なフォームクッションでPilotケース内に収納されており、取扱い用の専用手袋が付属します。

    RIMOWAの「イローデット スーツケース」
    「リモワ × ダニエル・アーシャム “イロ―デッド ターンテーブル イン パイロット ケース”」は、ヨーロッパ、北南米ではシルバーケース、アジアではブラックケースモデルが各500ケースずつ限定販売を予定しています。

    =詳しい情報はココをチェック!=
    RIMOWA公式サイト
    https://www.rimowa.com/jp/ja/home

    MonoMax編集部

    MonoMax編集部

    カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

    Twitter:@monomaxweb
    Instagram:@monomax_tkj

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】10個のポケット付きでビッグサイズ! 1090円で最強すぎるトートバッグが必ず付いてくる!

    【付録】10個のポケット付きでビッグサイズ! 1090円で最…