MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月8日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【ホグロフス】欧州最大のアウトドア ショーでデザイン賞を受賞したバックパックがいよいよ発売!?

ホグロフスは、いわずと知れたスウェーデンのアウトドアメーカー。最近はアウトドアだけでなく、街でもこの「H」ロゴをみる機会が増えましたよね。その人気の理由は、やはり機能性だけでなく北欧モノならではの洗練されたデザインにあるのではないでしょうか?

そこで紹介したいのが、この「ROC HELIOS 25」
Roc_helios
国際山岳ガイドのエクストリームスキーヤー“Jacopo Bufacchi”と共同開発をしたモデル。そのデザイン性の高さで、ヨーロッパ最大のアウトドア国際見本市「Industry Outdoor Awards 2015」のデザイン賞を受賞しています。

顔立ちは、真っ白なボディにグレーで描かれた網模様、朱色のテープ、ブラックのショルダーベルト&付属がアクセントになっています。

ちなみにこのメイン地の網模様は、帆布の開発でも知られる「DIMENSION-POLYANT」社の「X-pac」シリーズの特徴。ですから、繊細な見た目なのに高い耐久性を誇ります。
そしてバックパックの重量はわずか625g。バックパックは1kg前後のモノでも軽量とうたっているモノも多いので、そう考えるとかなり軽いです! この軽量性の要になっているのもまた「X-pac」地なんですね。
さらに、サスペンションシステムを搭載し、快適なフィット感が得られるデザインを追求しました。
Roc_helios_2
もともと、ホグロフスのバックパックは他社と一線を画す未来的なデザインで高い評価を得ていましたが、そのなかでもこれは一段と先駆的。

でも、このモデルを目にしたときにひとつ「あれ?」と思ったことがあります。なかには同じ思いを抱えている方もいるかもしれませんが……。
そうなんです。荷物の取出しをする開口部が、バックパックのフロントにも、トップにもボトムにもないんです。では、どこから荷物を取りだすのかというと、

12

モノマックスの記事をシェアする

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,豪華付録,ジムニー,ミニチュア,収納ボックス

【特別付録】タイヤ付きでコロコロ動かせる!あのSUZUKI …