MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    “駅弁マスター”激推し!鉄道旅で味わうべき【富山・山梨のおいしい駅弁】3選

    秋の行楽シーズンを迎えました。紅葉、温泉、ご当地グルメ……楽しみは尽きません!
    今年は鉄道開業150年の節目の年。秋旅の醍醐味を求めて「鉄道旅」に出かけてみてはいかがでしょうか?
    鉄道旅で特に欠かせないのが、全国各地のバラエティ豊かな駅弁です。ご当地の美味しいものがギュっと詰まった1箱。今回は、JRの駅弁マスターがおすすめする「富山県、山梨県の絶品駅弁」3選をご紹介。味わうだけで旅気分を満喫できます。

    オススメしてくれたのは!
    駅弁を知り尽くしたマスター/津野田隆正さん
    「駅弁屋 祭」など、駅構内の飲食店舗を運営するJR東日本クロスステーション フーズカンパニーの弁当事業部に所属。職務は全国の駅弁を紹介し、駅弁文化を絶やさないこと。多いときは1日5〜6食の駅弁を食べ、企画を立てる。

    1.富山県・JR富山駅【ますのすし(一重)】

    1.富山県・JR富山駅【ますのすし(一重)】
    1.富山県・JR富山駅【ますのすし(一重)】
    1912年に発売を開始し、いまや富山を代表する郷土味。酢と塩だけのシンプル味付けだが、脂ののったマス、富山県産米、芳ばしい香りの生笹のハーモニーが素材のポテンシャルを倍増する。¥1,600 

    2.山梨県・JR小淵沢駅【そば屋の天むす】

    2.山梨県・JR小淵沢駅【そば屋の天むす】
    2.山梨県・JR小淵沢駅【そば屋の天むす】
    製造元の丸政立ち食いそば店で人気のメニュー。プチプチ食感が楽しいきくらげの佃煮を加えたご飯を食べやすい一口サイズに握った天むす。1つのおむすびに海老天が1尾入っている贅沢な駅弁。¥780

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…