MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2022/11/18 09:00PRJVCケンウッド

    【ビクター最新イヤホン】HA-FX150Tは次元の違う繊細な音質がエグいし機能もヤバい!

    HA-FX150Tビクターから発売になったばかりの最新ワイヤレスイヤホン「HA-FX150T」を試しに使ってみたらとにかく“ヤバイ”を連発!
    高音質なのに、雑音を消し去りクリーンな音を再現する「ノイズキャンセリング」も、それでいてイヤホンをつけたまま会話ができる「外音取込み」機能、イヤホンをタップするだけで音質までコントロールできる機能、すべてがヤバかった!

    ビクター最新イヤホンHA-FX150THA-FX150Tは本物の音を再現するガジェットなのに、「マジで」と思えるほどコンパクトサイズ。イヤホンが小さいのは当たり前かもしれないけど、その収納ケースまでミニマル。
    収納ケースには充電機能が備わり、ポケットにしまっているあいだにもチャージできてしまうのだ。しかもわずか10分間ケースに収納しておくだけで、最大75分間もの再生が可能!

    音のプロが創った最強の音質「Tuned by VICTOR STUDIO」

    国内最高峰クラスの設備が整っている「ビクタースタジオ」。有名アーティストの楽曲やアルバムのミキシング、レコーディングを手掛ける“音のプロ”であるスタジオエンジニアらが「HA-FX150T」の音質を監修したのだ。これまでの長い歴史でビクターが培ってきた音響設計技術に加え、スタジオエンジニアならではの細かなこだわりや意見を「HA-FX150T」の音創りに反映。

    ビクター最新イヤホンHA-FX150T
    プロのエンジニアが認める“心地よく音楽をもっと楽しめる音”に仕上がった「HA-FX150T」は、「それマジっすか?」っていう機能が盛り込まれている。もちろんそれはイヤーピースにも反映されており、イヤーピース内壁にスパイラル状のドットを配列。イヤーピース内の反射音を拡散させ、直接音とのバランスを最適化。音のにごりを抑え、クリアなサウンドを実現している。

    専門家にHA-FX150Tの本質を聞いてみた

    ドライバーユニット、メタルプレーティングチャンバーオーディオ&ビジュアルライターとして雑誌やWEBで活躍する折原一也さんに「HA-FX150T」はどのような音となっているのか、音の特徴を聞いてみた。
    「最大の特徴は音のレンジの広さです。楽曲に含まれるすべての音を引き出すべく、シンバル音のような高域までシャープかつクリアーに引き出すサウンドは唯一無二。中域もスムーズかつクリアにヌケます。まさに、プロの認める音質ですね」

    ビクター最新イヤホンHA-FX150TAV Award『VGP』審査員も務める折原一也さんは、ワイヤレスイヤホンやスピーカーなど音モノ専門家である。そこで、これまでのイヤホンと比べての違い、どう進化したのかを解説してもらう。
    「『新ドライバー&メタルプレーティングチャンバー』の繊細な音場は、技術の進化を感じますね。『スパイラルドットProイヤーピース』の自然な着け心地ながら透明感のあるサウンドも他機種にはない魅力」

    AV評論家として実際に最新モデルを使用してみた感想、「HA-FX150T」の魅力とは?
    「FLAT/BASS/CLEAR、そしてスタジオエンジニアによる3つのサウンドモードで合計6モードのサウンドを選べる所が遊び心満載。プロが作り上げた音質バランスは、唸らされるバランス」とのこと。

    犬のマークはビクターの技術と品質の証

    ビクター犬

    大人世代ならビクターの犬のマークに懐かしさを覚えるだろう。街角にある電気屋さんやレコード屋さんにその置物が必ずあった。一方で若い世代にはあまり馴染みがないかもしれないラッパのようなガジェットの前に首を傾げる犬。それはラッパではなく、蓄音機という音を拡大再生する機械で、亡きご主人の声に耳を傾けている健気な犬の姿なのだ。

    「HA-FX150T」を使用することで、世代を飛び越えた共感が生まれる。SNSで「#音楽好きな人とつながりたい」「#高音質イヌホン」「#ビクターのある暮らし」「#ビクター犬」「#ニッパー」などを発信することで、音楽が好きな人とのつながりが広がっていくことだろう。

    ビクター最新イヤホンHA-FX150T
    「HA-FX150T」は好みの楽曲、シチュエーションによって選択できるサウンドモードを6つも搭載。FLAT、BASS、CLEARの3モードに加え、「ボーカルをフィーチャーした楽曲に最適な声のリアリティを重視したチューニング」、「様々なジャンルにマッチする音場の広がりをより感じられるチューニング」、「80〜90年代の洋楽に合う視界が晴れキラっとヌケの良いチューニング」と、ビクタースタジオ3名のエンジニアによる個性が光る3つのPROFESSIONALモードも搭載。

    機能面でも充実していて、動画やゲームも快適に楽しめる「低遅延モード」も搭載し、左右それぞれ片耳使用が可能で通話やオンライン会議にも便利。雨や水しぶきに強い防滴仕様にもなっており、使い勝手が良い。

    充電ケースも手のひらサイズだからいつでもどこへでも、カジュアルに持ち歩ける存在。それでいて生活圏に本物の音がある楽しさを堪能させてくれるのだ。

    「HA-FX-150T」の11の特徴まとめ

    1:ビクタースタジオのプロのエンジニアが音質を監修
    2:新ドライバー&メタルプレーティングチャンバーによりワイドレンジで繊細な表現と広い音場を再現
    3:高音質イヤーピース「スパイラルドットPro」を5サイズ付属し、クリアで繊細な表現と装着感を向上
    4:周囲の騒音を減らし音楽のディテールをより楽しめるノイズキャンセリング機能を搭載
    5:6つのサウンドモードを搭載(FLAT/BASS/CLEARに加え、プロのスタジオエンジニアが創った3つのPROFESSIONALモード)
    6:小型・軽量のイヤホンと充電ケースが快適な装着感とポータビリティを実現
    7:専用アプリ「Victor Headphones」に対応
    8:ボリュームステップは92段階もあり細かな音量調整が可能
    9:マイクのオン/オフ機能など、テレワークでも高品位で快適なハンズフリー通話が可能
    10:イヤホンを着けたままでも会話がスムーズな外音取り込み機能
    11:動画と音声のずれを抑える「低遅延モード」を搭載

    ビクター最新イヤホンHA-FX150T

    【ワイヤレスステレオヘッドセットHA-FX-150T】製品スペック
    カラー:B(ブラック)、N(ブロンズ)
    種類:密閉タイプ
    ドライバユニット:口径6mm
    通信方式/出力:Bluetooth®標準規格 Ver.5.2、Power Class 1
    対応コーデック:SBC、AAC
    対応コンテンツ保護:SCMS-T 方式
    ノイズキャンセリングOFF電池接続時間:最大21時間(イヤホン最大9時間、充電ケース最大12時間)
    ノイズキャンセリングON電池接続時間:最大17時間(イヤホン最大7.5時間、充電ケース最大9.5時間)
    充電時間:イヤホン約2時間、チャージャー約2.5時間
    質量:イヤホン約4.4g×2、チャージャー約29.2g
    付属品:スパイラルドットイヤーピース(S/MS/M/ML/L)各2個、チャージャー、充電用USB-Cケーブル、
    税込市場相場:19,000円前後
    製品ページURL:https://bit.ly/3E6Z0Dm

    ビクター最新イヤホンHA-FX150Tビクター最新イヤホンHA-FX150T

     

    問い合わせ:JVCケンウッド カスタマーサポートセンター
    フリーダイヤル(固定電話):0120-2727-87
    ナビダイヤル(携帯電話):0570-010-114
    TEL(一部IP電話):045-450-8950

    編集者/野上真一(SIESTA PLANET)

    編集者/野上真一(SIESTA PLANET)

    90年代に人気を博した伝説の雑誌「アウトドアイクイップメント」編集長に就任以降、アウトドアライフスタイル誌「HUNT」創刊など編集長職を歴任。また60ヶ国以上でサーフ&キャンプを実践。日々、波乗りに勤しみ自由な暮らしを送る。

    Instagram:@odesama

    モノマックスの記事をシェアする

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…